Prajna/りびんぐ - すけーぷ

お気に入り、世の中に埋もれているモノと私の記録。

タグ:精神医学

ー2017年12月28日/記ー




「パーソナリティ障害」という人に出会い、

それは「他人のこと」をかき回したがる人、
ストーカーしたがる人、やっかんだふりや
繋がるふり。もしくは


「関わっていた」ふりや、繋がりある人と
違う人に繋がろうとすること。繋がらない
人への嫌がらせをやりたがる人たちの日常だ。


今まで知らなかった、知り得なかった
精神障害者、「パーソナリティ障害」なる
非常識界に生きる人たちを、私は多摩市で

知るにいたり、聴覚障害や視覚障害は実は
障害者ではない、と思うようになった!?


2010年に、精神病院を認知した。市政、
政策は、「精神疾患には通用しない場所」
だと認識した。精神障害者なる世界観には

「普通は繋がらない」「普通は要らない」
みたいだし。「狂わない人」を気にしたり、


「精神障害を危険地帯」だと考えようもの
ならば、彼らは「繋がる為」ならばと必死
になる。私に対して必死だが。私には

彼らは、繋がらない場所でしかない!?


インターネット社会。blogを読まない、
それを読み、中身を知らなかった人から
ハラスメントをされている。彼らには?


生きる理由や、目的がない。だから、
私に投げかけて、自覚をしているようだ。


精神障害者だから、やっていたことを
アピールしに来たり、精神障害者だから
私に繋がらない理由を私に知られたがる。




自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書)
和田 秀樹
SBクリエイティブ
2016-11-04






和田秀樹さんの本。


これは、なかなか興味深い!?


最近、blogを書いていて
つくづく「作家はいいな」的な気持ちになり、

「あまりあるほどのAmazon」に対して、
「本屋に行く前に知りたい」という気分になる。



Amazonはとりあえずのワンクッションに
利用をして、Amazonをめくりめくるのだが。


ありがたい気持ちになると、買わないし。

普段は、あんまりに無茶苦茶なテーマに

のたうちまわる読み手となって、医学者に
繋がろうとか、繋がりたいなんてことを考え
ないようにして、精神科医の技量やスキルを
覗きに行きたくなる。


頭が悪いと脳に繋がるスキルは、身に付かない。
狂いたくない人は精神科医になりたくない(?)
のかも知れないし。


精神科医は、狂わなきゃならないみたい!?

ある精神病院の医師は、サラリーマンを
退職し、精神疾患から精神科医を目指し、
精神科医となり精神障害者に繋がった人だ。


私なら、
精神科医になりたくはないし、精神科医に
狂わされたくはない。しかし、精神科医が

どの程度の常識人で、どれくらいに多角的で
どれくらいに物知りか、を知りたいとは思う。


「過剰にムキになり盛り上がるネタ」とは、

狂言や、作り話に対してだし。事実や自分に
繋がらない話や、他人の私生活や暮らしには
滅茶苦茶に関わる。エキサイティングな病気。


ハラスメントは、ハラスメントをしている
自覚がない人たちが、知識や経験に繋がる
世界観ではない、知らない、分からないこと
への介入に躍起になる日常であり、男女たち。


お門違い!

つまりは、人様に繋がらない場所や繋がる
必要がない相手に、「迷惑行為をしたい」
病気の人たちが存在してる。

精神科医にはかかれない精神障害者ぶりが
生きる場所で、お門違いな見解と、思想や
ルールや、ステータスもない人たちの我心。





*説明*

ー内容紹介ー
本物の才能より声・外見・演技…
ショーンKと対談した著者が迫る「騙しの心理」


マスコミを騒がしたショーンK氏、野々村元県議、小保方氏、舛添氏…。
最近急増する自己愛性・演技性人間という存在――。
そういう人に魅了されたり、簡単に騙される私たちやマスコミ。
新たなパーソナリティの諸問題を、現役精神科医がするどく分析!

「普及したSNSで言動をやたら盛りたがる人」
「嘘を積み重ね周りを信じさせるばかりか、自分の嘘を本当だと思い込む人」
「仰々しくやたら演技がかっている人」
「責任を問われると自分が被害者であるかのごとく言いたがる人」…
こういった、最近急増する自己愛性・演技性人間という存在――。
そしてそういう人に魅了されたり、簡単に騙されたりしてしまう私たち(個人からマスコミまで)という存在――。
近年増殖するあらたなパーソナリティの諸問題(事例)を、現役精神科医がするどく分析する。





自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書)
和田 秀樹
SBクリエイティブ
2016-11-05





出版社からのコメント
「まえがき」より

振り返れば二〇一四年は、STAP細胞の捏造問題(実際に、捏造があったと私はまだ断定できないと思っていますが、「捏造」として決着がついたようなので、こう呼ばせていただきます)や、有名音楽家の替え玉作曲事件など、自分の業績を〝偽装〟して一流扱いを受けていた人のメッキが剥がれ、多くのワイドショーで持ち切りになった年でした。
彼らが派手な記者会見を行ったこともあって、何人かの精神科医が、同じ年に政務活動費の不正使用が発覚した野々村竜太郎兵庫県議(当時)の号泣会見も合わせて、「演技性パーソナリティ障害」だというふうに論じ、この言葉が広く知られるようになりました。

さらに二〇一六年三月には、『週刊文春』がショーンK氏の学歴・経歴詐称をすっぱ抜き、やはり〝偽装〟が話題になりました。ネットなどではショーンK氏についても「演技性パーソナリティ障害ではないか」という声が挙がりましたが、私自身はそうではないと考えています。これについては本書で詳しく説明しますが、いずれにしてもここ数年は、自分を〝偽装〟したり、自分を〝盛る〟ことで良く見せようとする自己アピールの強い人たちが問題を起こす傾向が強まっていることは事実だと思います。

その一方で、日本人の多くは、これまで「能ある鷹は爪を隠す」が美徳だったのに、自己アピール力がないと、選挙に勝てない、出世できない、それどころかリストラの対象にされかねないという事態に直面しています。
また、ペーパーテストによる学力勝負だった入学試験も、今ではすでに五割の生徒が付属校からの推薦も含めて、推薦やAOを経て入学し、さらに二〇二一年の春入試からは東大入試も含めて、すべての大学がAO入試を採用するように求める答申もなされています。

これが意味するところは、学力よりも自分をよく見せるのがうまい学生のほうが有利になるということです。私がすべての大学のAO入試化に反対するのも、さらなる学力低下の懸念もありますが、海外では、大量の専従職員や面接のプロを集めてアドミッション・オフィス(これがAOです)を構成しているのに、日本では面接の素人としか思えない大学の教授が面接をするので、学生の〝盛り〟に対応できるとはとうてい思えないからです。

結局、〝盛りたがる〟人のほうが自分を自分以上に見せることで得をしやすく、そうでない人は不利な立場に置かれやすい時代になっているのです。ですから、むしろ演技性のパーソナリティ(本書で解説しますが、演技性パーソナリティ障害は心の病ですが、演技性パーソナリティはある種の個性です)のほうが適応しやすくなっているわけです。
そうなってくると、自己アピール力を磨くだけでなく、自分を〝盛る〟ことに抵抗のない人たちへのある種の免疫力(医学用語なのでしょうが、日常的な意味で使わせてください)を持つ必要もあるし、〝盛った〟情報に惑わされないリテラシーも必要です。


内容(「BOOK」データベースより)

いま、テレビやSNS、職場等では、平気でウソをついたり、演技や経歴詐称まで行ったりして、自分を過度に良く見せたがる人が増えており、「演技性・自己愛性パーソナリティ」の時代が到来している。最近マスコミを騒がした野々村元県議、小保方氏、舛添氏らの事例を考察しつつ、そういう人に魅了され、簡単に騙されてしまうマスコミや私たちの問題にも鋭く迫り、どういうリテラシーを持つべきかを精神科医である著者が教える。


*著者について*
1960年大阪府生まれ。1985年東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授(医療福祉学研究科臨床心理学専攻)。一橋大学経済学部非常勤講師(医療経済学)。川崎幸病院精神科顧問。





―――――――――――――――――――――――――――




私は、精神病の人たちに精神科医より
豊かな暮らしをしてあげられたのか?



私の、多摩ニュータウンでの日常は

精神疾患のある共産党やエホバの狂気に
いかに、繋がらなく生きるか、であるし。

キチガイの脳が沢山、たくさんコロコロと
街じゅうに転がるニュータウンで、どう
耐え忍ぶか、なのである!


犯罪者の、受刑者の6割は「発達障害」だと
言われていた。精神障害者は、4割の犯罪者
を正常な人間だと、騒いで盛り上げていた。

自分たちを発達障害だとアピールしているか
のように、あとの4割にこだわっていた。


共産党関係者ぶりが、

その4割には居ないらしい。かなり
こだわり、発達障害の6割を誇示していた。

彼らは、4割という世界観に妬みがあった!
それも、パーソナリティ障害の醍醐味か…。




🖋️ 鈴木霄でした。









mixiチェック


昨今、かなりの頻度で出会います
『パーソナリティ障害者』なる顔!


『生まれてきたけど居ないふり』の人。
『住んでるけど名前が無い人』のふり。


『知らないけど分かるふり』の男女。
『見ていないけど見られたふり』の人。

『好きじゃないのに繋がりたがる』人や、
『詳しくないのに知っていたふり』の人。


インターネットで、アカウントやあだ名、
ハンドルネームを使ってる『仮名』なる
地方に暮らしてるふりをする人たちがいて、

精神障害や発達障害をアピールする病気は
本名を言わなくなることにより病気を誇示。


成り済ました者や、自分を知らなくする
弱虫のふりがいる。人間であることによる

『自分らしさ』や、『ほんとの名前』を
言えない、言わなくなるスポーツ選手の
ふりをし、グラウンドで叫んだりする少年。


『住宅』や、『地名』や『道の名前』に
繋がらない環境にいるみたいになる人々。

バスの停留所を分からない、歩かないで
自家用車に乗り、自分が暮らしてる場所、
自分がいる、立っている位置を知らない
ままに暮らしてる発達障害や知的障害。


『自分のカラダに繋がる情報』を知らない、
『自分の命に繋がる身元』を分からない
ふりをする、洗脳されてるふりをする顔。


彼らは、自分を『何処の誰なのか』を
知らないふりをする。なぜ?


自分の名前が言えない人が、なぜ
近所の人には詳しいふりをする?

なぜ、本名を言わない人たちが
犯罪者でないふりをやる? なぜ?


なぜ、彼らは他人の偽名を気にしない?
なぜ、彼らは他人のペンネームを欲する?

なぜ、彼らは他人のハンドルネームには
繋がるふりをする? なぜ人の本名には

ハラスメントをし、牙を向けた?


自分の名前を嘘をつき、ペンネームや
ハンドルネームを使わない人たちが、

なぜ他人の身元には繋がるふりをし
自分たちは、偽名を語りインチキを言う?


『パーソナリティ障害』を分かると言った
人たちが、なぜ『自分自身について』は

分からないアピールをする?
なぜ『今の自分』についてを、言わない?
なぜ『今の自分がいる場所』を知らない?


なぜ『生きていること』に、繋がらない
ふりをし、『何処の誰か分からない』と
いう演技をするの?



自分の暮らしてる、自分が発してる声で
自分がいる居場所をアピールする顔が、

なぜ『自分を知らない』という演技をし、
なぜ『自分を分からない』ふりをしても
自分の声で、自分の居場所をアピールする?


なぜ『何処の誰か』名乗りたがらない顔が、
いつも自分のいる場所をアピールしてる?


インチキがある顔が、なぜ自分の育った
地名を言わなくしてるの? 本名にない、
本籍にいない名前を名乗り、なぜ今

暮らしてる場所を分からせたがる?


自分という字を読まない病気を、
不安にならない発達障害のふりは

『本名が言えない犯罪者』だという
イメージを作り、演じたがるようだ。


彼らは『じぶん』を悪い人だと
アピールに、自分の居場所を誇示
して自分の『嫌いな名前』を隠し、

犯罪者みたいに『不都合がある』
アピールをしたがる!?


『自分らしくない』とか、『自分には無理』
だということを、ごまかしているふりをし

明らかに『自分を知られたい』アピールが
ある。『誰が繋がるか?』ではない!?


『繋がりがある』ふりをする日常習慣に
『自分は誰か言いたくない』という気難しさ
により、『自分らしいこと』を分かるらしい。

彼らは、『名前に繋がるふり』があるが?


本名や、住所には繋がらないアピールをして
『誰か言いたくない』のに、生きてきたこと
への抵抗や、背中を向け現実への回避がある
らしい。


生きてきた場所や、働いたことがある会社や
繋がる友人や、出かけていく街には繋がる
アピールがない精神障害者がいる!?


名前と、本名と、身元と繋がらない
場所や人間に繋がるアピールをして
自分の在処を分からなくする彼らは
自分の今を見えなくすることに躍起だ!


『繋がらない』ことを危惧し、『知らない』
ことを嫌い、『自分について』は秘密にし
彼らは、『訳知りに見せる』のだが。

自分を『どういう人間なのか』のPRは
しない。『精神疾患があります!』と
かなりの自己顕示欲が見てとれる。


『病んでます』というイメージを誇示し、
『あなたにすがっています』をイメージ
させている。ハラスメント好きな彼らは?

『頭が悪いです』『嫌がらせしたいです』
とか、明らかに『発達障害者です!』と
アピールしている。


また、そのようにしか表現をしないし、
自己顕示をしていないように見えるのだ。


『こんなに変な人間ですよ~』と叫び、
『頭が機能してませんよ~』とアピール
してきた。彼らには『治したくない』とか

『精神障害者です!』という日常習慣しか
出てこない。『狂わされたふり』をしたり、
『発達障害者ですが、何か?』という誇示。






では、パーソナリティ障害について











―説明―

内容紹介

《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【その生きづらさ、パーソナリティ障害では?】

パーソナリティとは、その人らしさのこと。それが障害されるとはどのような状態なのでしょうか。
パーソナリティ障害は、思春期から問題が表にでてきます。ものの考え方や行動のパターンが著しく偏ってしまい、対人関係がうまくいかずトラブルを起こすため、近年、発達障害との合併症や誤診といったことが問題視されています。
さらに本人に病識のないことから周囲が巻き込まれやすく、その対応に負担に感じている家族も少なくありません。摂食障害や人や物への依存などの問題行動、引きこもりなどの背景にパーソナリティ障害が隠れているケースもあると言われています。
本書ではとくに患者数が多い「境界性」と「自己愛性」の2つのタイプを中心に障害の特徴、背景から自分自身で治すためにできること、家族や周囲の正しい対応法まで解説します。本人だけでなく、家族や職場など周囲の人に役立つ一冊です。



📎パーソナリティ障害とは

・パーソナリティに著しくかたよりがあり、対人関係がうまくいかず問題が起こる状態
・自閉スペクトラム症などの発達障害が隠れている場合もある


📎境界性パーソナリティ障害の特徴

・根底に「自分は見捨てられた子」という強い思い込み(幻想)がある
・よい子と悪い子、両極端の自分がいる。周囲に対しても態度が激変する
・過食、親への暴力、人や物への依存などの問題行動で、周囲を巻き込む


📎自己愛性パーソナリティ障害の特徴

・「理想化した万能の自分」しか愛せない。等身大の自分がない。
・健全な自己愛が育っていない。失敗や挫折に弱く、うつや引きこもりに
・目に見える結果がすべて。他人の評価を過度に気にして批判されるとキレる



【本書の内容構成】

📌第1章 パーソナリティ障害について知る

📌第2章 パーソナリティ障害の要因はなにか

📌第3章 境界性パーソナリティ障害――「私を見捨てないで」

📌第4章 自己愛性パーソナリティ障害――「私をもっと賞賛して」

📌第5章 治すために必要なことがある



📒内容(「BOOK」データベースより)

その生きづらさ、パーソナリティ障害では?

「境界性」と「自己愛性」を中心に障害の特徴、背景から治すためにできること、家族や周囲の正しい対応法まで。



*著者について*

🖋️市橋 秀夫

【監修者プロフィール】
市橋秀夫(いちはし・ひでお)

東京医科歯科大学医学部卒業、医学博士。

精神保健指定医。都立松沢病院、東京都精神医学研究所兼務研究員、都立墨東病院神経科医長、福島大学障害児病理教授などを歴任。一貫して臨床実践と臨床研究に携わる。とくにパーソナリティ障害の治療では実績を上げている。日本精神病理学会評議員、外来精神医療学会理事、精神科治療学編集顧問。『精神科臨床ニューアプローチ7 児童期精神障害』(メジカルビュー社)、『うつ病診療のコツと落とし穴』(中山書店)、『TODAY’S THERAPY 2006 今日の治療指針 私はこう治療している』(医学書院)、『新世紀の精神科治療』(中山書店)など著書多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





*2018年4月5日/記*


私が市街地で見て、知った人々は?

『日常は、異常なんだけど』という
イメージをさせてる彼らには、姿が

『発達障害になるしかなかった』
というイメージより


『狂いたがる脳』のアピールにしか
見えなかった。彼らからのアピールは、

『自分の負』を怖がり、弱さの誇張を
している。偽装や欺瞞や発達障害を誇示!


治療したいのに、怖がっていて治療を
受けられない姿が浮き彫りになるようだ。


『精神疾患』に対する、気恥ずかしさが
彼らにはある。『普通ではない自分』を
イメージさせ、目立ちたがっている!?


儚くも、『潰れていく自分』に躍起になり
『未来がない』ことを楽しんでるかのよう。


『惨めったらしい』素振りはなく、むしろ
『狂いたがることを楽しむ』ように見える。

育ちの悪さか、知能の低下か、家族の大罪
なのか。彼らは『自分自身のこと』は日常
見えなくしている。分からないから

『自由』らしい。気ままな幸福を誇示!


彼らは『自分を放棄』しているから、第三者に
マインドコントロールされたままに活動をし、

彼らは『居なくても困らない誰か』に繋がり、
誰にも『愛されてない日常』を、エンジョイ
しているかのようだ。が、こだわりやら
依存や、繋がることに必死さがある!?


『幸せなんか分からない』から、

『他人の不幸には参加したい』
イメージがある。彼らの日常は


『幸せに生きてないこと』にだけ繋がる
ふりがある。『幸せ』とか『優しい』
とか、『真面目』だとか善良である

成熟さに牙を向けている!


『パーソナリティ障害』たる立場は、
ある時には『他人を不幸にしてる』
英雄気取りで、ある時は


『他人の善良さへの批判家』であり、
ある時は『見境がない無分別な悪魔』の
ヒーロー気取りで、ある時は『無能』な
偽善者か、世間知らずぶりだ。身勝手な?


『学歴なんか邪魔になる悪人』なんかを
気取るようなら、『何人もいる仲間』とは、
素晴らしく愉快な人生設計に勤しむ起業家
やら、身勝手に好きなことをやる社会人顔。


知らない人には、弁護士のふりや警察の
ふりをし、親しい人には単なる顔見知り。

下手すれば、犯罪者生活を偽装するべく
商いや、アルバイトに勤しむ詐欺師の顔。



精神障害者を満喫して、狂いたがる
演技性パーソナリティ障害を誇示し

活動家のふりをし、したたかに容易く
偉そうに、発達障害者ぶり犯人になる
男や女たち。頭の汚い腐った精神性に
自ら輝きがあるふりをする顔!


そんな『サイコパス』に、繋がりたけりゃ
繋がり、繋がりたくなければ『人間性』や
『モラル』にこだわりながら、エホバや

精神障害者のアピールに、『バカげた』
ドラマだと分からせてあげるがいい!?


『バカばかり!』だと、教えてあげよう。



🖋️ 鈴木霄でした。





mixiチェック

「脳の発達」と「視覚形成」について。


「赤ちゃん」が生まれてからの感覚に、
ハイハイがある。ハイハイをしないと
何にも出会わないし、触れない…。


「赤ちゃん」は、畳だろうがフローリング
だろうが、ハイハイします。中には、公園や
砂浜、玄関、階段にも座り込み何かを触る…。


手に触れたものは、全て口に含みゴミでも
人の食べ残しでも、おもちゃの積み木でも
ブロックでも、サンダルやスリッパでも、
です。

それに、「視覚形成」なる事柄が繋がる
ということ。見えるものに人間は繋がる
のです!


ハイハイした時から、人間は発達していく
要素を環境から形成する。精神は、意識は、
言語は、表現は「じぶん」という在処を
学び始めるのです。

自分を探すと、鏡の前に立ち
「赤ちゃん」は、鏡に映る自分を指差して
ウーウー、アーアー言います。自分に出会い
幸せなのです。「だあれ?」と聞くと、必ず

自分の名前を言おうとします。「,,,,ちゃん」
という風に。自分を鏡の中に見つけて笑う。


保育園では、1歳児や2歳児は自分の前に
いるお友達を、触りたがります。自分では
ない、自分に似通った形や自分に似てない
イメージを、指差して触りだします。

赤ちゃんは、「赤ちゃん」に出会うと
興奮したり、幸せそうな笑みを浮かべます。


「大人ではなく、自分みたいな誰か」に
嬉しくなり、楽しくなるのです。相手に
ちょっかいをだし、「赤ちゃん」が

赤ちゃんに、触りたがる。赤ちゃんは
赤ちゃんを、「赤ちゃん」だと覚えます。


名前を、自分と相手の区別に使うことを
学びます。「赤ちゃん」だけど、名前があり

「赤ちゃん」には、お父さんやお母さんが
います。自分の両親みたいに、違う人間に
お父さん、お母さんがいます。


赤ちゃんは、自分ではない「赤ちゃん」の
名前を知り、赤ちゃんは「,,,,ちゃん」の顔に
繋がるようになると、お知り合いだと認識し

「,,,,ちゃん」のことを仲間だと分かります。
それが分からないと、発達障害みたいです。


自分も、お父さんとお母さんも、近所に
いる大人や、親戚や家族に繋がることが
みんな、識別をしにくくするような特性
により、知らない人のまんまです。


「お母さんの親戚」や、「おじさん」や
自分を嫌いだと思う人間の、自己差別は
他人のことを分かるふりをしますが?


自分のことを分からないふりをすると、
「差別」は、自分の現実に対して発生し

自分のことを見えなくしたり、自分には
繋がりがないような他人を演じてみたり
する特性により、自己軽蔑が発生します。


最初から繋がらない人にばかり固執する。

自分の身元や、自分自身の環境や自分の
暮らしに繋がらない人のように、自己に
対して、無関心のように成長してしまう。


簡単に言えば、自分を不要だと思う人間が
自分には繋がらない人と繋がるふりをしたり、
自分がかつて繋がっていた人に優しくされた
記憶や環境に、妄想を起こしてしまうことが、

発達障害には起きやすい。誰かの家族の
ふりをしたり、誰かの関係者に繋がるふり
をします。繋がらない誰かにしがみつく!


昨今増えた「演技性パーソナリティ障害」の
特性を模倣した、発達障害が増えているが…

自分が暮らしている場所が、どこの駅に
繋がるか、どこの街にあるか言わない人に
発達障害者のパフォーマンスと狂言が最近
目立つようになった。ふりは多数の人から。


精神疾患の有無を示唆させた人たちにある、
「人間らしさ」からかけ離れた人たちの
「自分で分からない」と思う言い訳や、

「自分らしくない」と分かることに対して
仲間が存在し、狂言や不履行なことに依存
している姿は、死人のような環境にいる
ようにもイメージ出来る(仕事や地域で)。


「発達障害」でない場合にも、発達障害者
らしく振る舞い、繋がらない善い人にだけ
しがみつく、関わりがあるふりをしている。

狂言により
その日常傾向により、人格や体験、スキルを
一切排除した生活を、演じていたかのように
見える。コミュニケーションの不要な場所で、


他人に迷惑行為をしてしまう顔が、仲間と
「発達障害者」のように演じてきた結果に、
「視覚形成」がなされてないことが顕著。


迷惑行為を日常生活の暮らしとし、それが
無ければ自分を生かせない、自分のカラダ
を機能させないまんま。そんな人間が、

自分たちを無名のようにし過ごしてきた
姿が、多摩ニュータウンにいる精神障害者
にはある。名前が無い、名乗れない、また

存在しない、自身の中にいる誰かを演じたり
自分に繋がらない善い人や、有能な人に普段
成り済ましてる。


自分に無いものを、病んだ人たちが、無い
ものを有るかのようにし演じたり、ふりを
する。知能の退化や経験の希薄を、自らが
ごまかしているかのような発達障害の習性。


私の周りにいた、共産党家庭に日常見え隠れ
してきた特性であった。デモ隊にいて日常を
デモ隊に参加していた家庭に、多発してる。


他人への差別が、他人への迷惑行為をする
習慣が、視覚形成を苦手にしていたようだ。

分別に抵抗し、倫理に抵抗し、人道の深意
には繋がらない場所に、デモ隊の持つ力が
介在してきたかのような雰囲気や育ちかた
が垣間見える。



発達障害者にしか繋がらない場所。

偶然に目にしたこの本は、そんな場所や
発達障害を形成した人たちの暮らしかたや
多重や、狂言性を垣間見せ解剖してくれてる。


見失ってはならない場所に、自分自身があり
ます。忘れてはならない場所に、自分の顔や
自分の肉体といる「自意識」や「感性」と
いうものがあります。


自分でしか表現出来ないもの!
それを使わない、使えない人がいます。


あなたのスキルは、あなたの誕生は、
あなたの家庭は、あなたの両親とは

あなたが生きた証になり、あなたの見本や
手本であり、あなたの自意識が善悪を判断
する場所に、家庭の持つスキルや特性が
ある。両親が、倫理に繋がるか否か?


あなたのモラルが、あなたの両親を査定し
あなたの感受性が、あなたの過去を表し、
あなたの心が、あなたの死に際になる!


あなたの優しさが、あなたの死後になり
あなたの弱さが、あなたの未来に映る。

あなたの今が、あなたのコンプレックスや
あなたの呵責に繋がり、あなたの昨日が
あなたの「あなたらしさ」であり続ける。


「視覚形成」は、あなたの生きた結果を
あなたの優しさの度合いから示唆する。

嘘は、あなたの本性や本音です。


(人間は嘘をつくが、その嘘を語る口は)
自分に足りないか、自分に不都合が?

もしくは、自分に欠落した「何か」への
羨望か、により顕著となる。己に必要な
ことを「欲しい」のかも知れない人が、

視覚形成を持たない場所で、もしかしたら
イミテーションを生むのかも知れない!?


あなたが成りたい、行きたい、したいこと
だけを表し、あなたの嘘は、あなたの寝床。

死に際に、あなたが背負っていること全て。




本は、

発達障害の素顔
「脳の発達と視覚形成からのアプローチ」。










🔖説明

―内容紹介―

多かれ少なかれみんながもっている、
だから「スペクトラム」とよばれているのです。

・コミュニケーションが苦手
・人の顔や目を見て話ができない
・読み書きが苦手

だれにだってある、ちょっとした性格の
ひとつ。じつは、脳が発達する過程で、
うまく視覚が形成されなかったりすると、
そのほかの感覚器の形成に影響が現れる
というのです。

人より視力や聴力が極端によすぎるために
同じものを見たり、聞いたりしていても
まったく違う世界として受け止めている
かもしれない、

それが発達障害の素顔なのです。 自閉症、
ADHD、ディスレクシア、ウィリアムズ
症候群、アスペルガー症候群など、
感覚の特性としてとらえることで新しい
治療と対応の可能性が見えてくる!

少しのあいだかれらの世界に寄り添って
みませんか。



🖊️内容(「BOOK」データベースより)

かれらにはこの世界がどう映っているのか?
発達障害―自閉症、ADHD、ディスレクシア、ウィリアムズ症候群などを感覚の特性としてとらえることで新しい治療と対応の可能性が見えてくる!



*著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)*

山口/真美
1987年、中央大学文学部卒業、お茶の水女子大学大学院人間発達学専攻、単位取得退学。博士(人文科学)。ATR人間情報通信研究所客員研究員、福島大学生涯学習教育研究センター助教授、中央大学文学部心理学研究室助教授を経て、同大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




この本は、

発達障害者ではなく、発達しすぎた人を
「視覚形成」が過剰に起きた人だと説き、

「発達不全」ではなく、ずば抜けて発達し
ずば抜けて笑わせたり、楽しませてる人に
繋がる内容かも知れない。


また、山口真美さんの本は、

へなちょこな人間が、脳の発達をしにくい
場所に行かないように教えているようだ。


共産党やエホバに行かなければ、正しい
成長に向かわせられる、楽しく進化をする
可能性がある。「はったり」に繋がる人に

「気をつけて、家庭を見極めて欲しい!」
というサインのようでもある。


「偉人」か、「異人」か。間違いたくは
ない。私は、私が他者に無いスキルにより
生まれ育って、「発達する機会ばかり」を
与えられた人間として、これを書いている。


保育園、医療機関、精神障害者、水商売、
視覚障害者や音楽関係者など。私が知った、

出会った場所や人が、私に教えた世界観や
その日常とは、「人間は発達をしないふり」
もし、中には


「視覚により嘘を知らないまま成人する」
という人たちを形成したりする。

「歌舞伎町」に育った私に、大人の嘘や
大人の言い訳や、詐欺や、狂言は多様化し


それは、「ずば抜けて素敵」に見えている
場合や、「ずば抜けて苦労人」に見えたし、

「ずば抜けてイカサマ」に見えるし、中には
「ずば抜けて汚いオカマ」が、売春婦ぶる。

「ずば抜けて美しい年寄り」が、ホステス
をしていたり、「ずば抜けて達者な人」が
視覚障害がある鍼灸師だったりもする。


歌舞伎町の中にいないと、分からない
世界がある。昭和40年代、50年代だ!


視覚により形成する知識や、傍観する世界
とは、人間の「十人十色」である在りよう。

シングルマザーあり、ヤクザの私生児あり、
会社の社長の愛人なんかもいたり、政治家
きどりな詐欺がいたり、千差万別な社会。


発達不全にならなかった私が、発達障害が
あったかのように見えなかった大人たちに
学んだ世界観であり現代社会だ。



私にしか出会えてない大人が、私を
笑わせり泣かれてきた日常のドラマ。

視覚形成された世界で、発達障害者らしき
大人から「人間稼業」を見せつけられた
新宿歌舞伎町育ちの私が分かる障害の闇。


歌舞伎町育ちの私の戯言である!




📿 鈴木宏枝









mixiチェック

―2018年1月19日/記―




「嘘に習う」こと。
「嘘に慣れる」ということ。


他人の「狂言」に化かされる人や、
他人の「幸せ」に騙される人や、

他人の「嘆き」に同情や、繋がる人たち。


ある人は「嘘で自分を飾る」ことを、身に
付け、ある人は「他人のこと」で、自分が
主人公になり、

ある人は、「可愛い人」に化けたり?
ある人は、「悲しい人」に似せてみたり。


ある人は、「不幸中の幸いに慣れた人」…。
ある人は、「世馴れてる人」に繋がる人。


ある人は、「有名人の親戚や学友」で…。
ある人は、「不幸な人生と貧しい環境」で。


「他人の知らない人生」を、自分のドラマに
置き換え、誰かの人生を「生きてるふり」を
したり。

他人の「ノンフィクション」を、空想と作り話
から、「自分の生活みたいに見える」芝居にし
他人の模倣者をする人たちになる。そんな世俗。


さて、「演技性パーソナリティ犯罪」なんかに
遭遇したり、他人から色々聞いてみると?

「まやかし」なんかに、繋がる人たちがいる。


弁護士のふり、刑事のふり、医師のふり、
主婦のふり、デザイナーぶり、作家ぶり、
天皇の隠し子の血のふり、貴人の子孫のふり。

あちこちに、ロケーションごっこの如くに
疑似体験に生きる人たちがいる。嘘の世界で
嘘の主人公になり、みっともないヒロインや
ヒーロー、精神障害者の狂言を演じている!


ある人は、中小企業の会社社長だという人の
娘のふりをし、演じて結婚詐欺をやらかした。

そんな人が、そんな狂言の為に大学にまで
行き、学歴を作るというのだ。スキルから

男の、夫のステータスを買いに大学を目指す
こともあるのだとか。良い企業に入るとか?


狂言をやる目的に、大学や企業を使う女。

夫を、男を、パートナーの肩書きを買う
為に、大学や就職先のランクを上げる女!


男が気づかない、夫が知らない「妻の嘘」に
夫が、利用される仕組み。一部上場企業に
入社する、大学に入る。夫を探す目的から。


行く先は、一流企業。行く先は、サラリーマン
妻。行く先は、企業と年棒の高い場所と名刺。

犯罪者になる女。見た目は平和な妻たち!?


日常は、幸せそうな「豊かな暮らし」をやる
サラリーマン妻。「みんなより豊かな人」を
演じる、したたかな妻という病気や犯罪は?

「未来は企業のトップにいる男の妻」という
役柄。そこに行く為の商業科や大学卒の妻。


エリートサラリーマンの妻という、普段は

「家にいない忙しい夫がいる」母子家庭の
ような暮らし。お金とネームバリューの家。


そんな女がいることを、分からせる宗教が
あるよ。そんな女を作る思想があるよ!


エホバと共産党から知りました、とさ。

で、こんなことがゴロゴロ転がっていたり
起きたりする、というお話が精神科医から

分からせられる仕組み。犯罪者は、普段
普通に、奥さんをしたり、成っているんだ
ということを、知りました。そんなもの?


だから、こんな本が分かりやすい!?

人間は、虚栄心と欺瞞と擬似体験が好き?


犯罪者になるのは、辞めようね。嘘に
生きてるだけなら幸せだけど、犯罪者に
欲望を、男や夫や自分が生んだ子供から
買うのは辞めようね。ステータスな病気!


こんな本がある。


《自分のついた噓を真実だと思い込む人》
(朝日新書)。なるほど、だね。





―――――――――――――――――――――――――――





《説明》

―内容紹介―

あなたの身の回りには、まるで
「息をするように嘘をつく人」はいないだろうか。
しかも自分がついた嘘なのに、
「真実」だと思いこみ、いつのまにか被害者面。
本書ではその精神構造を読み解き、
被害を受けないための防衛法を説く。










【目次】

🗒️第1章 あなたの隣の迷惑な嘘つきたち

・誰でも一度は噓をつく
・噓には二種類ある
・三つの動機
・「医師」と自称していた筆者の知り合い
・噓自体が目的になっている人
・どんな感情なのか
・息を吐くように噓をつける人もいる
ほか


🗒️第2章 なぜだまされてしまうのか?

・三越伊勢丹詐欺事件の女
・「服従の心理」
・どんなふうにだますのか?
・さも有能そうに装う
・自慢話は眉に唾をつけて聞くべき
・一見「いい人」
・お世辞やほめ言葉の裏にある心理
・人は真実なんか知りたくない
ほか


🗒️第3章

・不都合なことは言わない
・重い副作用を申告していなかった医療事件
・あえて言わないことで成り立っている家族
・事例1.継父と思っていた人が実は実母だった(母の噓)
・人に与える傷が多きい「不作為の噓」
・事例2.夫が隠れて実家の朝食を食べに行っていた(夫の噓)
・すべての男性は本質的にマザコン?
ほか


🗒️第4章 精神科医でも噓を見破れない理由

・筆者も味わった苦い経験
・薬ほしさに噓をつく患者もいる
・性善説の限界
・だまされてきた立場だからこそ
・噓には恐怖がつきまとう
・噓をついていないのにおびえてしまう人もいる
・「だます喜び」を感じる人
ほか


🗒️第5章 噓を見抜くための「プチ悪人」のすすめ

・「何となく妙な感じ」に要注意
・その1.まず疑うこと
・その2.質問してみる
・その3.あなたが知っていることはしばらく黙っておく
・その4.以前話したことを繰り返すように頼んでみる
・その5.噓をついているときと通常の言動を比較
・質問法1.相手に説明させる
ほか


🗒️第6章 もしも相手の噓に気づいたら

・なぜ嘘つきは増えたのか
・あきらめられない人の増加
・自分自身を守るために
・相手の噓を見抜いたときのふるまい方
・記憶にないという答えが返ってきたら
・相手が反撃してきたら
・ちょっと皮肉を言ってみよう
ほか


🖋️内容(「BOOK」データベースより)

本当であるかのように嘘を語り、いつのまにか被害者面…。彼らに騙されないための防衛法。「自分は有名企業に勤めている」と吹聴したり、過去のミスを「やってない」と主張したり…。本人があまりにも自然であるために、ついついまわりの人も信じてしまう。なぜ嘘をついてしまうのか?その見抜き方とは。一見“はた迷惑”な彼らの知られざる心の闇に迫る。



著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

🔖片田/珠美
1961年広島県生まれ。

精神科医。京都大学非常勤講師。大阪大学医学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。京都大学博士(人間・環境学)。臨床経験にもとづいて精神分析的視点から犯罪心理や心の病を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



mixiチェック

昨今、目立ちながらも意外や気づかれてない、
気づかれにくい、世の中の「発達障害の本当」
というもの。


有り難くはない、知りたくない世界観。
他人は、スルーして「見たふり」をやる。

余計なお世話な、「迷惑行為」のある場所!


とにかく、「子供なんだから」は通用しない!
「分かるんだろうな、何でも」は有り得る。

「バカみたいな嘘」や、「大人より手強い」
という世界や、存在について学ぶべし…。



大人の身勝手が、生み出した世界観だから。

育ちにくい、世話を焼けない、自意識が低い
人間が親になると、子どもが人間であること
には繋がりにくくなる。


子どものせいじゃない。人間社会が他人を、
自分を分からない。自分を育てられない!?


人間だから、人間には様々なタイプがいる。

様々なタイプに出会うが、それに自分が似る
必要はないし、他人のハラスメントに自分が
参加する必要もない。魂の病気の人たちは、

仲間を作りたがる。不安だから。自分自身の
狂言に不安だから、インチキが増えるだけ!


嘘をつく。敗北感や呵責で嘘を増やす。
それだけ、人間がずるいだけ!


ずるい嘘つきにならないこと。障害者ぶり
バカにはならないこと。仲間が罪を作る。

自分を正当化したくて、インチキ言う
仲間だけを増やすテロリズム。まさに、
オウム真理教さながらだよね。


自己洗脳をしないこと。嘘をついた人間が
自分でついた嘘にマインドコントロールを
されていく。弱虫や世間知らずでは特に…。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




子どものための精神医学

著:滝川 一廣

判型 A5
頁 464
発行 2017年04月
定価 2,700円 (本体2,500円+税8%)

ISBN:978-4-260-03037-3

素手で読める児童精神医学の「基本書」。


子どもの〈こころ〉にかかわるすべての人へ

発達障害? アスペルガー症候群? 知的障害?
自閉症? ADHD? LD? ところでスペクトラム
って何?-本書を読めば、錯綜する診断名を
「認識と関係の座標軸」のもとに一望できる
ようになる。読めば分かるように書いてある、
ありそうでなかった児童精神医学の基本書。

事例の機微をすくい上げる繊細な筆さばき、
理論と実践の生き生きとした融合、そして
無類の面白さ! 

マニュアルでは得られない「納得」がここに。




子どものための精神医学
滝川一廣
医学書院
2017-03-27





序文

はじめに知っておきたいこと

 この本では、子どもの精神障害を扱う。
とはいっても、「児童精神医学」の網羅的な
教科書や啓蒙的な解説書をめざす本ではない。

日々の暮らしのなかで子どもたちと直接
かかわる人たち-教員、保育士、看護師、
心理士などをはじめ、さまざまな子どもに
かかわる職域にある人びと、そしてもちろん
親たち-にとって、子どものこころの病気や
失調、障害を理解したりケアしたりするため
に役だつことをめざす本である。
子どもの診療にあずかる医師にも役にたてば
と願っている。

 その目的のため、この本は次の3つの観点
を基本にしている。





📕目次

🗒️第I部 はじめに知っておきたいこと

🖋️ 第1章 〈こころ〉をどうとらえるか
  1 哲学にとっての〈こころ〉、科学にとっての〈こころ〉
  2 精神医学にとっての〈こころ〉
  3 日常生活にとっての〈こころ〉
  4 〈こころ〉は共同の世界
  5 「精神障害」という〈こころ〉のあり方


🖋️ 第2章 「精神医学」とはどんな学問か
  1 精神医学の誕生
  2 精神医学の黎明期
  3 精神医学は「理系」か「文系」か
  4 正統精神医学
  5 力動精神医学
  6 児童精神医学のはじまり


🖋️ 第3章 精神障害の分類と診断
  1 分類とはどういうものか
  2 伝統的な診断分類
  3 操作的診断分類
  4 児童精神医学における診断分類
  5 精神医学での「診断」とは何か
  6 「診断」のもつ意味


🖋️ 第4章 「精神発達」をどうとらえるか
  1 なぜ決定版がないのか
  2 認識の発達、関係の発達
  3 「認識」と「認知」の区別
  4 精神発達の基本構造


🖋️ 第5章 ピアジェの発達論
  1 同化と調節
  2 知性の発達
  3 シェマ
  4 発達の4段階
  5 精神発達の最終段階


🖋️ 第6章 フロイトの発達論
  1 小児性愛
  2 リビドー
  3 発達の5段階


🖋️ 第7章 精神発達の道筋
  1 精神発達の歩み
  2 精神発達を推し進める力
  3 なぜ個人差が生じるのか


🖋️ 第8章 「共有」の発達としての精神発達
  1 まどろみとほほえみ
  2 啼泣とマザリング
  3 マザリングとアタッチメント
  4 感覚の共有(分化)
  5 首のすわりと探索行動
  6 安心の共有と探索
  7 バブリングと情動の共有
  8 関心の共有
  9 模倣の行為(しぐさ)の共有
  10 しつけと意志の発達
  11 言葉のはじまり
  12 認識の社会化
  13 関係の社会化


🗒️第II部 育つ側のむずかしさ 発達障害をもつ子どもたち

🖋️ 第9章 発達障害とは何か
  1 この本での定義
  2 全般的な発達のおくれ-知的障害と自閉症スペクトラム
  3 発達の分布図
  4 外因・内因・心因
  5 必要条件・負荷条件・決定条件
  6 発達障害と外因
  7 発達障害と内因
  8 発達障害と環境因(心因)


🖋️ 第10章 発達障害における体験世界
  1 発達の領域分け
  2 不安・緊張・孤独
  3 発達のおくれと言葉のおくれ
  4 認識発達のおくれと孤独
  5 関係発達のおくれと孤独
  6 高い感覚性の世界
  7 感覚世界の混乱性
  8 感覚の混乱性への対処努力
  9 高い衝動性の世界
  10 情動的混乱と対処努力
  11 自閉症スペクトラムと知的能力
  12 発達の歩みのスペクトラム
  13 アタッチメントと自閉症スペクトラム
  14 ひとへの関心、ものへの関心
  15 C領域における体験世界


🖋️ 第11章 関係発達のおくれにどう支援するか
  1 乳児期における支援
  2 幼児期における支援
  3 学童期における支援
  4 思春期における支援
  5 現代社会と自閉症スペクトラムの増加


🖋️ 第12章 部分的な発達のおくれ
  1 学習障害とはどういうものか
  2 学業不振のとらえと支援
  3 ADHDとはどういうものか
  4 落ち着きのない子どもたち
  5 ADHDへの支援


🗒️第III部 育てる側のむずかしさ 親や支援者はどうかかわるか

🖋️ 第13章 子育てをめぐる問題
  1 親が育てるわけ
  2 子育ての歴史
  3 現代日本の子育て


🖋️ 第14章 子育て困難の第一グループ
  1 家庭内暴力~ひきこもり
  2 摂食障害
  3 問題の背景
  4 問題への対処と支援


🖋️ 第15章 子育て困難の第二グループ
  1 不備な子育てはなぜ生じるか
  2 「児童虐待」という概念の誕生
  3 虐待防止法制定後
  4 子育ての失調への家族支援
  5 子どもへの支援-3つの困難
  6 心理的な問題がもたらすもの
  7 PTSD的な問題がもたらすもの
  8 PTSDの症状にどうかかわるか
  9 発達的な問題がもたらすもの
  10 子育ての失調の予防


🗒️第IV部 社会に出てゆくむずかしさ

🖋️ 第16章 児童期~思春期をめぐる問題
  1 児童期とその発達課題
  2 思春期とその発達課題
  3 思春期の〈性〉の問題
  4 不登校現象のはじまり
  5 不登校現象の増加
  6 学校へ行く意味
  7 現代社会の不登校
  8 不登校への具体的対応
  9 子ども同士の関係の失調(いじめ)
  10 伝統的な「いじめ」と80年代からの「いじめ」
  11 「いじめ」の変化とその社会的背景
  12 規範意識と「いじめ」
  13 学校ストレスと「いじめ」
  14 「いじめ」への対処


🖊️ 第17章 その他の精神医学的な問題
  1 子どものうつ病
  2 子どもの「神経症性」の障害


*文献

*読書案内
*索引

*あとがき
*著者紹介




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




保育園や、ベビーシッターのアルバイトを
したことがあり、自身歌舞伎町で成長し、

様々な職業の大人と出会い、母の同僚の
子どもたちを子守りしてきた私の感覚は、

明らかに世間の(幼児の居場所)とは違った!


違いは、
簡単に言えば、「無邪気」と「嘘」と
「現実」の違いが、そこには存在した。


「他人には分かるはずがない」世界がある。
歌舞伎町だから、分かるはずがないんだ。


だから、発達障害なんて「バカバカしい」
イメージがある。世の中は、もっと複雑で
もっと単純なんだ。知らないだけなんだよ。


大人や、世の中が「自分を分からない」とか、
親や周りを「見えてない」だけ。どちらも

「大人のふり」をする。


「大人になりたくない人」と、「大人勝り」
とかいる。他人には「分からない」からね、
「相手にしない」とか、「繋がらない」のね。


「発達障害」なんて、名前負けしちゃうよね。
「発達しすぎた」場合や、「発達したくない」
場合や、「誰かと比べてもらう」だけなんだ。



回りくどい言い訳や、作り話をする子ども
には、「早く言え」とか「嘘つくな」とか、

中には「ぜんぶ知ってるぞ!」とか言う。
バレちゃうと、納得してる子どもは必ず
信頼してくれるし、バレちゃうと喜ぶ!


気づかれたり、理解されたら嬉しいから。
子どもに、「発達障害」は発生する。

大人より「個性的」か、子どもみたいに
「発展的」か。とにかく、「メチャクチャ」
には見えるが。「メチャクチャ」にしても

「メチャクチャになるのは、なぜ?」とか
「嘘をつきたい?」とか、「バカにした?」
とか、確認したらいい。「バラしてあげる」
だけでいい。


たまには、ぎゅーっと抱きしめてあげる。
「抱っこして!」とか言ったら、負けて
くれるよ。イタズラや甘えは、消える…。


たまたまかも知れないが。バカには
ならないよ。


攻めぎあわない。「転がされて」みて?

「すかして」みせる。なんだかんだで
「驚くようなふり」もやる。ビビらない。

「つきあいがある」ような、無いような。
つきあいたければ、「嫌いなの?」とか
聞いてあげる。世界とは狭いからね。

嫌われても死なないから。嫌われてもいい。
愛したくない人間には、愛されてないし。

かまわないから。


「ごめんなさい」を、どんな時に言うのか。

「ありがとう」をいつ言うのか、知らない
人間が、親になると危険なだけ。それを認識
していると、発達障害者を作らなくなる!?


人間だから、人間には様々なタイプがいる。

様々なタイプに出会うが、それに自分が似る
必要はないし、他人のハラスメントに自分が
参加する必要もない。魂の病気の人たちは、

仲間を作りたがる。嘘をつく。ずるいだけ!


ずるい嘘つきにならないこと。障害者ぶり
バカにはならないこと。仲間が罪を作る。

自己洗脳をしないこと。嘘をついた人間が
自分でついた嘘にマインドコントロールを
されていく。弱虫や世間知らずでは特に…。


mixiチェック

「中動態」という言葉を知らなかった私に、
不可思議な印象を与えた世界が、これ!


「ADHD」のことを、分かるようになって
「自傷行為」についてを気にするように
なったのは、乳がんで手術する1年前…。


医学の側面を、「精神医学」の側面を
「哲学」から離れていると、「苦しみ」に
繋がらない場所から、「快感」「解放」に

いざなうイメージがある。精神病である人、
精神疾患をイメージさせる人からは、日常が

なかなか見えにくい、引きこもりもあるが?


他者への暴力行為をしてきた、迷惑行為や
発達障害により離人化する精神障害者では、

自らを、自傷行為に繋がらない環境だと
認識があるらしく、脳障害者であった
彼女は、「中動態」には繋がらない、

自身を、犯罪行為をやる人間である日常を
自覚をし、発達障害であり、暴行や迷惑
行為を繰り返し、

それを不都合に感じる時だけ、善良な
人間に繋がるふりをしている精神障害者
だった。彼女を通して見える世界観とは、


知能と感情の狭間で、支離滅裂になる
自意識にもがき、浮浪する精神疾患の
日常における自己開示や、自己主張は

「自らの悪意」への抵抗に見える。


醜さ、怪しさ、ずるさをごまかしている
その様子は、自身の罪を識る人間の脳による
抵抗に見える。犯した現実への抵抗にもがき、

不都合を感じる知能が、「中動態」を避ける。
自らの罪や、醜さや悪意を自らが避けては
通れない彼らに、「中動態」とは

怖い責任の矛先にある現実らしい。


誰かを傷つける為に、自分を誇示する為に
手首を切ることがある。それがあるから、
今、「生きてきた」自分というのがある。


鈴木霄のつくりかた。私に、私が答えると

「生きた証」が、自らを傷つけてる時の
苦痛と、神との狭間において血を生きた
と言えよう。


國分功一郎という人は、いい人だな。
たぶん、分かりやすい。私に似た人だから。

私には分かりやすい。私が言いたげな話をし、
私に書かれそうなことを書いてくれていた。


ありがとう。そんな本である。鈴木霄が昔
遊んでいて、公園で話をした男の子みたい。



今日、ここに揚げる本は

2017年11月26日に、偶然に
知った本である。


小林秀雄賞受賞とある。

小林秀雄賞授賞。


第16回小林秀雄賞
(主催:財団法人新潮文芸振興会)が
2017年8月18日に発表となり,選出された。

同賞は,自由な精神と柔軟な知性に基づいて
新しい世界像を呈示した作品に授与される




「授賞理由」は

中動態という、日本人に馴染みがない概念を
浮かび上がらせようとして、難解な迷路を
くぐり抜ける、著者の一途な姿と稀有な
批評的営みが美しい。



〔著者略歴〕
國分 功一郎(こくぶん・こういちろう)

1974年、千葉県柏市生まれ。東京大学大学院
総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。

高崎経済大学准教授。専攻は哲学。主な著書に
『暇と退屈の倫理学 増補新版』(太田出版)、
『ドゥルーズの哲学原理』(岩波現代全書)、
『近代政治哲学』(ちくま新書)など。

訳書にドゥルーズ『カントの批判哲学』
(ちくま学芸文庫)など。



●著者からのメッセージ。

《中動態が失われたというのは何を意味するか
というと、意志を強く問う言語、尋問する言語
が登場したということだと思います。ではなぜ
意志にフォーカスする言語が出てきたのか?》



『週刊読書人』2017年6月23日 講演

🗒️「失われた『態』を求めて」より
http://dokushojin.com/article.html?i=1581





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「序文」


プロローグ-ある対話

-ちょっと寂しい。それぐらいの人間関係を続けられるのが大切って言ってましたよね。
「そうそう、でも、私たちってそもそも自分がすごく寂しいんだってことも分かってないのね」

-ああ、それはちょっと分かるかもしれないです。
「だから健康な人と出会うと、寂しいって感じちゃう」

-それは「この人は自分とは違う……」って感じるということですか?
「そういうのもあるかもしれないけど、人とのほどよい距離に耐えられない」

-多かれ少なかれ、そういう気持ちは誰にでもあるような気もしますけど。
「でも、私たちの場合、人との安全な距離というのがよく分かってない。だから、たとえば相手から聞かれれば、実家の住所から電話番号、携帯のアドレスも全部教えちゃう」

-自分でうまく相手を選べない、と。
「というか、そもそも人間関係を選んでいいなんて知らないんです」

-ああ。
「ちょっと親しくなると、『全部分かってほしい』ってなる。相手と自分がピッタリ重なりあって、〈二個で一つ〉の関係になろうとしてしまう。自分以外は見ないでほしい。自分以外としゃべってほしくない。そういうふうに思っちゃうわけ」

-その相手に一〇〇パーセント依存しようとするというか……。
「だから私が話を聞いて『大変だったね』って言うよね。そうすると次のときにクスリを使ってきたりする。『こんなでも受け入れてくれる?』って彼女たちはそう思ってしまう」

-それは分からないことはないけど、うまく想像ができない感じもあります。いちおう理解できるけれど、目の前で本当にそれをやられたらショックというか、自分はうまく対応できない気がする。
「そう、援助する人も傷つくんだよね」




中動態の世界

意志と責任の考古学
著:國分 功一郎

判型 A5
頁 344
発行 2017年04月
定価 2,160円 (本体2,000円+税8%)

ISBN:978-4-260-03157-8


失われた「態」を求めて-
《する》と《される》の外側へ


自傷患者は言った。
「切ったのか、切らされたのかわからない。
気づいたら切れていた」依存症当事者はため
息をついた。「世間の人とはしゃべっている
言葉が違うのよね」-当事者の切実な思いは
なぜうまく語れないのか? 語る言葉がないのか?

それ以前に、私たちの思考を条件づけている
「文法」の問題なのか? 若き哲学者による
《する》と《される》の外側の世界への旅は
こうして始まった。

ケア論に新たな地平を切り開く画期的論考。

*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の
登録商標です









🔖目次


🖋️プロローグ-ある対話

🖋️第1章 能動と受動をめぐる諸問題

🖋️第2章 中動態という古名

🖋️第3章 中動態の意味論

🖋️第4章 言語と思考

🖋️第5章 意志と選択

🖋️第6章 言語の歴史

🖋️第7章 中動態、放下、出来事-ハイデッガー、ドゥルーズ

🖋️第8章 中動態と自由の哲学-スピノザ

🖋️第9章 ビリーたちの物語


*註
*あとがき




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





「援助交際」をしていた人や、
「里親」に育てられた人には

「死にたい」なんて言えなくなる人生が、

「幸せに育った」人には、「死んでやる!」
という言葉を吐ける、ということがあり?


「死にたくても死ねない」人間は、不幸や
悲しみばかり見ているから、何だかんや

「こんなことで死んでたら体が足りない」と
分かるようになる。多重人格にならない人は


「苦しいこと」しか知らなかったから
「あんなヤツの為に死ねない」と感じ入る
タイプ。感じ入ると「死ねない」んだよね?


感じ入ることが下手だと「生ききれてない」
と言える人になり、感じたくない人は絶対
「生ききれない」タイプ。物わかりが悪い、

考えたくない、知りたくない弱虫や卑劣な
人だ。「感じ入る」と、「物わかりいい」
博識になり、

「死ぬのがもったいない」と考える。


博識になると、「タフ」になる。ある意味
「バカになれる」と言われるタイプだが。

「利口」になると、自分を「使いたくなる」
んだよ。自分を試したいから、負けたりは
しない。プライド高すぎると劣等感強いし。


コンプレックスがあると、「博識」を嫌い
自分を「キチガイ」にしちゃう。私なら

キチガイになりたくないから、使いたくなる。
自分の可能性、自分の知識、自分の遺伝子。
自分の特性。大切にしたくなるよね。


私なら、「とことん自分を追究したい」よ。


「自傷行為」という、自らを戒める人生修養。

人間が、「くだらない」とか「単純すぎる」
ということに、いかに「チャレンジ」するか。

やらない方が、浅はかになりやすい。
「百識は百利に如かず」ではある。


その百利を得る為に、自傷を受け入れた
人間もいる。私…。



🖍️ 鈴木霄でした。





mixiチェック

「精神医学」は、
「医学者」には分からない。


「人間」を知らなかった、知らない人間に
「病気」を診てきた医師がいて、翻弄する。


「学校の先生」の悩みは、医学者の外来における
「診察の時のコミュニケーション」の取り方に
似通ったものであり、似たようなことがある。


先生になると、分からなきゃならないし、知識や
学術的に知らなくてはならない、という責任やら
義務がある。

そこでは、方程式みたいなことやら、心理学を
知っている方が、うまくやれるというイメージ
もある。外来の診察にあたる医師と、学校での
担任をしている教師は、いつも沢山の人間へ

「平等に接して当たり前」である仕事をしてる。


その仕事を、考えながら書いてみたいテーマ。



医学書院の書籍から、序文から
良きことを知った。精神医学の意味について
知るに至った。人間の生には、見えない宇宙、
インナースペースが存在していることを識る!


「DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引」から、
参考になれば、と思う。



2014年5月

日本精神神経学会 精神科病名検討連絡会
座長 神庭重信



 病名・用語を決める際の連絡会の基本方針を
以下に列挙する.

(1)患者中心の医療が行われるなかで,病名・
用語はよりわかりやすいもの,患者の理解と
納得が得られやすいものであること,
(2)差別意識や不快感を生まない名称であること,
(3)国民の病気への認知度を高めやすいもので
あること,
(4)直訳がふさわしくない場合には意訳を考え, アルファベット病名はなるべく使わないこと,
などである.

 連絡会は,各専門学会が練り上げた邦訳案を
最大限尊重した.例えば,児童青年期の疾患では,
病名に「障害」とつくことは,児童や親に大きな
衝撃を与えるため,「障害」を「症」に変える
ことが提案された.

不安症およびその一部の関連疾患についても
おおむね同じような理由から「症」と訳すことが
提案された.さらに,「障害」はすべて「症」に
変えるべきではないかとする意見が多かったが,
「症」とすると過剰診断や過剰治療をまねく可能
性があることも議論され,今回のガイドライン
では限定的に変更することにした.ただし,

「症」と変えた場合,およびDSM-IVなどから
引き継がれた疾患概念で旧病名がある程度普及
して用いられている場合には,新たに提案する
病名の横に旧病名をスラッシュで併記すること
にした.

前者の例が,例えば「パニック症/パニック障害」
であり,後者の例が,例えば「うつ病(DSM-5)
/大うつ病性障害」である.


…とある。




―――――――――――――――――――――――――――――




「DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引」

原著:American Psychiatric Association 
日本語版用語監修:日本精神神経学会 

監訳:高橋 三郎/大野 裕
訳:染矢 俊幸/神庭 重信/尾崎 紀夫/
三村 將/村井 俊哉

判型 B6変
頁 448
発行 2014年10月

定価 4,860円 (本体4,500円+税8%)
*ISBN978-4-260-01908-8


精神医療関係者必携!
診断基準を抽出したポケット版!

米国精神医学会(APA)より刊行された
DSM-5マニュアルから診断基準のみを抜粋した、
いわゆる「Mini-D」と言われる小冊子の最新改訂版。
19年ぶりの改訂となる今回は、自閉スペクトラム
症の新設や双極性障害の独立など従来の診断
カテゴリーから大幅な変更が施されている。

今回から日本語版用語監修として
日本精神神経学会が加わった。

※「DSM-5」は American Psychiatric Publishing
により米国で商標登録されています。




DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引
American Psychiatric Association
医学書院
2014-10-23





🖋️目次

*DSM-5の分類

*I DSM-5の基本

 🗒️1 本書の使用法

   臨床症例の定式化の方法
   精神疾患の定義
   診断の要素
   未来を見据えて:評価およびモニタリング尺度

 🗒️2 司法場面でのDSM-5使用に関する注意書き


*II 診断基準とコード

 🗒️1 神経発達症群/神経発達障害群

  知的能力障害群
  コミュニケーション症群/コミュニケーション障害群
  自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害
  注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害
  限局性学習症/限局性学習障害
  運動症群/運動障害群
  他の神経発達症群/他の神経発達障害群


 🗒️2 統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害群

  緊張病

 🗒️3 双極性障害および関連障害群

 🗒️4 抑うつ障害群

 🗒️5 不安症群/不安障害群

 🗒️6 強迫症および関連症群/強迫性障害および関連障害群

 🗒️7 心的外傷およびストレス因関連障害群

 🗒️8 解離症群/解離性障害群

 🗒️9 身体症状症および関連症群

 🗒️10 食行動障害および摂食障害群

 🗒️11 排泄症群

 🗒️12 睡眠-覚醒障害群

  呼吸関連睡眠障害群
  睡眠時随伴症群


 🗒️13 性機能不全群

 🗒️14 性別違和

 🗒️15 秩序破壊的・衝動制御・素行症群

 🗒️16 物質関連障害および嗜癖性障害群

  物質関連障害群
   物質使用障害群
    物質使用障害の記録手順
   物質誘発性障害群
    中毒と離脱の記録手順
    物質・医薬品誘発性精神疾患の記録手順
  アルコール関連障害群
  カフェイン関連障害群
  大麻関連障害群
  幻覚薬関連障害群
  吸入剤関連障害群
  オピオイド関連障害群
  鎮静薬,睡眠薬,または抗不安薬関連障害群
  精神刺激薬関連障害群
  タバコ関連障害群
  他の(または不明の)物質関連障害群
  非物質関連障害群


 🗒️17 神経認知障害群

   神経認知領域
   認知症(DSM-5)および軽度認知障害(DSM-5)


 🗒️18 パーソナリティ障害群
  A群パーソナリティ障害
  B群パーソナリティ障害
  C群パーソナリティ障害
  他のパーソナリティ障害


 🗒️19 パラフィリア障害群

 🗒️20 他の精神疾患群

 🗒️21 医薬品誘発性運動症群および他の医薬品有害作用

   神経遮断薬誘発性パーキンソニズム
   他の医薬品誘発性パーキンソニズム
   神経遮断薬悪性症候群
   医薬品誘発性急性ジストニア
   医薬品誘発性急性アカシジア
   遅発性ジスキネジア
   遅発性ジストニア
   遅発性アカシジア
   医薬品誘発性姿勢振戦
   他の医薬品誘発性運動症
   抗うつ薬中断症候群
   医薬品による他の有害作用


 🗒️22 臨床的関与の対象となることのある他の状態

   対人関係の問題
   虐待とネグレクト
   教育と職業の問題
   住居と経済の問題
   社会的環境に関連する他の問題
   犯罪または法制度との関係に関連する問題
   相談や医学的助言など他の保健サービスの対応
   他の心理社会的,個人的,環境的状況に関連する問題
   個人歴における他の状況


*索引




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




精神疾患のある人や、知的障害、もしくは
発達障害が顕著であると思われる人たちに
遭遇、接触する場合では

さまざまなタイプや、ケースや心理状態や
知能の特徴を見るに至り、医師の中にある
うつ病や、多重人格とは目立ちにくいが?


幼少時代からの特性、両親のハラスメント癖や
宗教や支持政党による特徴からの、家庭的に
閉鎖された環境や、隔離された生活の中から

知能的に、世俗や社会的理論から離れた場所で
育てられた宗教信者や、精神疾患がある家庭の
特性から、常識や分別や学術的な志向からは
かけ離れた暮らしをし、そこでは医学的には

ドーパミンの不足や、脳疾患による知能の
欠如や、物事への理解や認識を持ちにくい性質や
社会的な環境の造詣が希薄となるケースもある!


「発達障害」だと勘違いされているケースなども
家族間には見えにくい場合があり、一般にある
知的障害を、発達障害だと勘違いするケースや


パーソナリティー障害や、多重人格を意外や
「多重人格化した狂言」であることをなぜか、

趣味や遊びや、娯楽化させた家庭もあることが
まま垣間見れ、精神疾患を「悪ふざけ」とか
「他者へのからかい」や、「迷惑行為」をし

遊び気分で、一般常識やモラルからは外れた
世界観の、精神障害者がいることが判明した!



🖋️ 鈴木霄



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


mixiチェック




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

専門医がやさしく語るはじめての精神医学改訂第2版 [ 渡辺雅幸 ]
価格:3132円(税込、送料無料) (2017/7/24時点)







市街地での私が体験したハラスメントや
その被害による日常とは、独身者に固執
している精神障害者によるつきまとい。

山本達彦さんによる私に対する関与や、
行政や警察を地域的に巻き込んだ日常
による。達彦さんの創価での習慣による。


「発達障害」や「解離性障害」により
狂言や、演技によりコントロールして
されている、催眠術や洗脳により生活
している人々からの弾圧や、執着だ!


山本達彦さんの日常生活における習慣に
繋がり、それを(精神疾患や発達障害で)

長年繰り返されて来た、パーソナリティ
障害を使った、エキストラ、芝居ごっこ
による地域に居着いた取り巻きによる弾圧、
嫌がらせ、過剰な干渉やハラスメントが主。


「大隈真一」という名前を言えなくしてた、
言わなくしていた、「共産党」と言えない
失語にいた、マインドコントロールされて
暮らしていた精神障害者による嘘の日常。


日常生活が、一貫性がなく共産党にいる、
共産党に繋がると「分からない」という
口癖に、日常の狂言をごまかしている顔。

「意気地無し」を、犯罪に繋げた共産党。

山本達彦さんの少年期からの日常による
習慣の疑似体験が、多摩ニュータウンの
精神障害者の暮らし。物まね詐欺の環境。


「世間知らず」を、精神障害者にさせた
エキストラぶり。演じることをアルバイト
とし、精神疾患があると配置されていた!


私の成り済ましや、私に似せたり
私の学友のふりが居る為に、私は

自身の命がある現実を生き抜かなきゃ
ならないし、記録しなくては成らない!



良心をもたない人たち (草思社文庫)
マーサ スタウト
草思社
2012-10-04



サイコパス -冷淡な脳-
ジェームズ・ブレア
星和書店
2009-07-17










これが、パーソナリティ障害だと
分からせてくれた警察のふりや、
多重人格による狂言や扮装!



我が家に押し込み強盗に来た5人組の
ひとり、オカマなショートカットは、

乳癌のふりをし、保健師に似ていた。


私が暮らしていない場所から出歩き、
我が家より数百メートル離れたバス停で
乗り降りする顔。足が長めの、角松の妹
ぶる痩せた女。私のつもりで演じて居る。


犯罪者として、角松ぶりと同じ地域の顔。
詐欺や精神障害者に繋がる犯罪グループ。


多摩ニュータウンの女装や詐欺の部落の
創価ぶりや、精神疾患がある売春婦組。


精神疾患のある多重人格だけを相手に
住み着いたみたいにし、コンビニに通う。

手足が長い色白。私に成り代わり演じ
鈴木家に成り済ましをしたがる精神障害。


共産党部落にいるアピールをする男女。
女装に繋がる精神病の宗教やエホバ組!


犯人は、イチコと言われている…。

ひょろひょろしていて痩せた肩。詐欺。
角松に似せたオカマが通っている家庭。


公団にいる顔と、創価の当たり屋といる
山本達彦さんを、YだのSAIと呼んでる。

山本達彦さんを、多重人格のヤスと呼ぶ
精神障害者は、医学者の今村の家族ぶり!


真田広之さんを、ヒロと呼んでなかった
山本達彦さんのふりは、私を名前では
呼ばない。


振り込め詐欺の被害者には、「ヒロ」と
呼んでいた、団地の精神障害者の夫婦。

「ヒロが振り込んでた」と叫んだりして
噂を流していた夫婦。ATMで会った日。
(母が銀行で宝くじを買っていたので?)


「鈴木霄ちゃん、死んじゃった~」と
息子に叫ばせていた家庭。山本達彦さん
のことを、ジージと呼んでた多摩市の家。


被害者たる私にだけ、ハラスメントする
老女とアルバイト店員と関係する男女。


我が家の近隣に居着いて、恐喝や狂言を
繰り返してきた団地の精神障害者の組織。


押し込み強盗は、貝取や愛宕暮らしの
ふりをする精神障害者。繋がらない!


虹を見ていない、空を見上げたりしない
精神障害者は、貝取に暮らすふりをする。
我が家から見えた虹に繋がらない精神病。


被害者たる私の近隣に暮らすふりをし、
当たり屋と繋がり、本物に恐喝している
男女と、アルバイトする偽の鈴木家ぶり。


私や友人に似せて出歩き、成り済ます
オカマぶり。警察のふりと繋がる犯罪者。



偽の鈴木家(キチガイによる演技の組織)。

精神疾患による多重人格や成り済ましを
犯罪だと分からない強盗犯グループ。


角松の父親が知る顔が中野警察のふり。

ピアニスト、小曽根真さんの空似が
押し込み強盗のひとり。


市街地で暮らす、ショートボブの犯人は
コンビニで働いて、エキストラぶったり
している165㎝。痩せた怒り肩の顔!


私に似せたがる強盗犯のひとりは、
私に似てない同級生の体型に似ている。


親戚のふりは、本物に対し犯罪者が自分
たちで何をしているか分からない、と
告白する始末(コンビニ店員や警察で)。


私の同級生に繋がりたがる精神病たち。


中野警察のふりは、警察手帳を持たない
顔。角松のふりが私に繋がるふり。私の
同級生に繋がりたがる。鈴木家のふり!



日野時代の同級生や、私の仕事関係者に
私の関係者ぶり繋がりたがる精神障害と、

角松ぶる多重人格の詐欺グループ。


家宅侵入し、私の左肩と左腕をベッドで
押さえつけた女装は、震えていた。が、

私から「震えているの?」と聞かれて、
角松ぶり、いきりたち「関係ない!」と

言った。乳癌の私に対し暴行を働いて、
「乳癌なんか関係ない!」と怒鳴った。


そのあとで、左手をとり私の手を裏表
裏返しながら、掌を見て撫でていた…。


変質者なのか、女装は痩せた色白だった。
黒のiPadをバスで使ったりする犯人ぶり。


私に暴行を働いていて、手を撫でた上
花粉症だと、自らマスクをしアピール
していた女装ぶりな痩せた怒り肩の女! 



中野警察のふりし、私の左手を撫でて
いた痴漢だった。東園和哉ぶりは右側に
立ち、私の体を押さえつけ腕を捻った!


女装ぶりと、東園和哉ぶりが私の体を
ベッドで押さえつけ、警察のふりをし

暴行を働き、
犯罪者として自分を誇示し帰って行った。

それから、3ヶ月半無視をしていた犯人。


5人組は、3月16日に押し込み強盗に
来てから、7月7日に携帯電話を返却に
来るまで、中野警察からは連絡は無い!



携帯電話と医療機関の診察券は盗まれた
まま。7月7日午前中、中野警察ぶり
返却に来た。他のメンバー3人は来ず。


(小曽根匠と、中原毅以外は居なかった!)
中原は、他の3人を覚えてないと語り
精神障害者ぶり、犯行を顕著にした。


犯罪に繋がると、分からないふりをし

頭が悪い、脳障害者ぶる。警察ではない、
犯罪をやる世間知らずであるアピール!


記憶をしない、嘘をつくことを精神病で
ある芝居と、発達障害者ぶる犯人組織に
いるアピールに、とんちんかんぶる。


マインドコントロールされて犯罪をやる
演技パーソナリティ障害者ぶる宗教?




これらの偽の事件に繋がる精神障害者
による、中野警察のふりが書いた文書。



image


強盗犯が警察のふりをし、残した目録。



スマホと医療機関の診察券は、7月7日
返却された。が、中野警察は私に携帯の
違約金を支払わせ、6月に解約させて…


盗んだ携帯電話を7月になり返却に来た。
謝罪をしない、犯人が警察に居たの? 


警察なら盗んだ理由とか、何ヶ月も
放置して知らん顔して、返しに来た!


精神疾患がある犯人ぶりは行政ぶり。

犯人をやりながら、多摩市役所職員で
ターゲットを監視する、押し込み強盗。


演技パーソナリティ職員は、犯罪好き?
頭が狂う警察のふりは、多摩市役所に
隠れて働くふりする在日外国人ぶり!



被疑者扱いした偽の事件に対する謝罪や
携帯電話を私から奪った上に、私が使用
出来なかった期間の電話料金や違約金を
警察として、ほんとなら返すはずだよね。


犯人でなきゃ、天下の、日本の警察が
支払わせて頂きます、と言うのが私に
暴行を働き強奪した顔が、事件隠蔽に
謝罪し、責任とるのが本当なんだよね。

歌舞伎町にあった、石川治療院の
関係者ぶりに、犯人関係者が居た!


石川家が地味関係者だったのに、
治療院に繋がるふりが共産党やエホバ。
その仲間ぶりが、詐欺や多重人格の人。

新宿の歌舞伎町を知らない、新宿区の
商工会を知らない多摩市の詐欺師による
成り済ましや、関係者ぶりによる犯罪や
身元の成り済まし。精神障害による詐欺。


石川家に繋がるふりや、石川武二乃の血に
成り済ました犯人が、多摩市でエキストラ
ぶり、演技パーソナリティ障害で私に弾圧、
ハラスメントをし偽物組織で私に嫌がらせ。


犯罪者や、精神疾患がある人間や宗教、
演技パーソナリティ障害を雇用したら


詐欺をやる仕組みなんか、市役所だの
日本国家では、異常な世界観だもん!


私は、被害者であるし私は暴行を受けて
痴漢のような多重人格の女装に拘束され

ベッドで3人に軟禁されてたし、左手を
犯人に撫でられた。卑猥だよね!


サドマツさんという黒のカチューシャを
着けてる、押し込み強盗犯のお母さん役。
被害者に会いたがっていたらしい。


会わされたじゃない? 角松ぶる銀縁
メガネかけてる成り済まし犯人の母親。



中原毅の母親のふりと、小曽根匠の母親
ぶりが、わざわざ被害者に会わされてる。


黒のカチューシャ、角松ぶり銀縁メガネ
かけてる70代のロン毛、犯人の家族って?
アピールしすぎるよね。創価の精神病の人。


イチコの母親に繋がる? 犯人がイチコ?


精神障害者は、1号室に暮らすとイチコ
なんだそうだ。犯人のふりは角松ぶり
オカッパの女装。パーソナリティ障害。


私が誰かは、私の育った新宿に答えあり。


豊太郎は幼なじみ。新宿歌舞伎町の
スポーツ用品店の息子が、新宿西教会
西大久保幼稚園の同級生で、豊太郎!



豊太郎の同級生の、角松が鈴木宏枝の
幼なじみ。豊太郎が日大鶴ヶ丘に通学
していたのが事実なら、成り済ましは
豊太郎を分からない。


豊太郎の叔父の奥さんが、母の
元同僚だから、豊太郎の偽物なら犯人。


母の同僚の家族が、渥美くん。それを
多摩市の精神障害者は知らない。また
角松のふりは、渥美くんを知らない。

犯人は、端山央理医師に成り済ます顔。
多重人格がある精神障害者が、精神科医
端山央理さんに成り済まし暴行を働く!


家宅侵入し、女装ぶり痩せた多重人格の
細い目の、身長165㎝のショートボブの
精神異常者の顔は、精神疾患があるふり。

我が家に居る間、目付きがコロコロ変化し
乖離した精神障害者ぶり。花粉症を誇示し
マスクをした太い毛のショートボブ。


国立国際医療センターに勤務をしていた
ことがある、端山央理さん似の40代!


乳癌患者である、左乳房がない私の体を
見て、震えた精神障害者。刑事のふりは
私の同級生に似せたり、端山さん似の女
顔だった。痩せた指で私の肩や手を触った。

私の幼稚園時代の幼なじみの、今村さんに
似せたり、太田医師に似せて詐欺をやる顔。


銀縁メガネ、精神障害がある医師に似せて
演技をやる痩せぎすなスレンダーな犯人。
医師や看護師に似たがるショートボブ!


タブレットを使いこなすふり。音楽を
バスやカフェで聞いて、精神疾患がある
ふりをする40代。タブレットの所有者!


デスクトップやインターネット環境を
知らない。タブレットをPCである、
と誇示する成り済まし。詐欺の組織。

石川武二男の雰囲気が、私に投影された
時には、石川武二男ではないようだ!


多摩市に居る団地の精神異常者の日常は、
口寄せをやる演技をやるが、キチガイな
精神障害者が芝居をやるだけ。

彼女は、我が家に自分の妄想や狂言が
聞こえるように、意味不明な内容だけを
朝から晩まで話し、自分のいる部屋では
「山本達彦」をYといい、Yに繋がる顔。


いくつかの部屋を利用し、入れ替わり
立ち替わり出入りをして、精神障害を
誇示してる山本の子供ぶり!


「山本達彦」という名前だけ言わなくする
失語に精神分裂と、詐欺をやる発達障害が
いる。日常の狂言や犯罪生活を山本達彦の
話し方を真似して誇示している。


4に居ると、精神疾患が悪化する芝居に
勤しむテロリストぶる犯人の家庭ぶり。
口寄せをやり、狂わされたMの日常?

Mが、狂いたがる病を4だとアピール
しているが。多摩市では大隈真一さんに
繋がりが無くなる精神障害者が武二男似。


7月10日生まれを、天降りだとアピール
する琴葉のふりは、狂わされた暮らしを
多摩市でしている。麻薬中毒の精神病!


石川武二男に似たがる、東園和哉ぶり。
犯罪をしているアピールがある。

角松敏生ぶりと繋がる精神障害者は、
離人化や、乖離する習慣から真夜中に
寝ないで話し続けては精神疾患が露見。

真夜中から意味不明を話している男女は、
妄想と精神分裂を誇示して暮らしている。

話し声を録音したテープを聴いたり流し、
狂わされた男が、車の中やバスや部屋で
聞いている暮らしがある、と判明!


意味不明な、精神障害者ぶりが録音した
話し声のテープは、精神疾患が悪化した
グループによる録音で、それを助手席で
流しながら車を走らせたり、

部屋で聞く精神分裂の男女は、山本達彦
さんの身元には繋がる生活ぶり。私が夜
寝ている間も、真夜中に何かをしている
キチガイの部屋からは

不気味な話し声は、日常的に聞こえて
来るが。あちこちの鍵を団地じゅうで
使い回しをし、2や5に居るという。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


mixiチェック

ブログネタ
医学まるかじり に参加中!
ー2017年3月8日/記ー




不思議な名前を目にした!


精神医学から、不可思議な情報を得た。

〈オープンダイアローグ〉という。



ある精神病の患者は、自分の言葉を
自己ピーアールをすべく、知性派であり

深層心理について分かる、という演技に
精神科医のふりを相手に、カフェにいて
数時間前もの間、喋り続けていた!!


精神病質である特徴は、精神科医のふり
をやりたがる一人の人間と、精神病の患者
たる自己ピーアールをやる人間との対話は

「精神疾患に罹患しているふたり」を芝居や
ふたりが、自らを誇示した為の様相でしか
なかった。下北沢のカフェにいた姿から


明らかに、精神病のふたりが語り合うのでは
なく、精神科医のふりが精神疾患のある人と
一方的に精神病の人が、喋りまくる話を聞く
精神科医のふり。

はなから精神異常者の居る、精神異常者の
演技パーソナリティ障害である彼女たちの
空気や空間を見せ付けていた時間であるが。


角松敏生の世田谷の会社近くにいて
居合わせた、そこに居て視て来た光景
であるが。精神病をまざまざと露わにし

狂わされた人が、長時間話し続けるという
場所に居合わせた体験である。会話では
ない。一人が話し続けるだけだ。


そんな体験から、これに気付いたので
ご紹介する。コミュニティーに不可欠な
場所と、スキルと組み合わせとTPOは?

考えてみたいテーマだね。




オープンダイアローグとは何か


著+訳:斎藤 環

判型 A5頁 208発行 2015年07月
定価 1,944円 (本体1,800円+税8%)
ISBN:978-4-260-02403-7


“開かれた対話”が、なぜ驚くほどの効果を
上げるのか!?

依頼があったら「24時間以内」に精神科の
「専門家チーム」が出向く。そこで患者・
家族・関係者をまじえて、状態が改善する
まで、
ただ「対話」をする———フィンランド発の
シンプルきわまりないこの手法に、なぜ
世界が注目するのか?

オープンダイアローグの第一人者セイックラ
氏の論文と、斎藤環氏の熱情溢れる懇切丁寧
な解説が融合。生き生きとした事例、具体的
なノウハウ、噛み砕いた理論紹介で、
オープンダイアローグの全貌がわかる!



書評


「言語」への深い理解にもとづいた
驚くほど平明な実践知

書評者:上野 千鶴子(社会学者)


◆なぜ「ダイアローグ」なのか 

 かねてより自助グループのコミュニケー
ション作法である「言いっぱなし,聞きっ
ぱなし」に疑問を持っていた。ことばと
いうのは,何より伝わることを求める。

そしてかならず相手からの応答を求める
ものだと思っていたからだ。 

 ラカンに俟〈ま〉つまでもなく,ことば
とはつねにすでに他者のものだから。
他者に属する言語を用いたとたん,どんな
ひとでもいやおうなく社会的存在になる。

急性期発作のさなかにあって叫んだり
わめいたりするほかなかった統合失調症の
患者ですら,あとになってそのときの経験
を言語化することを通じて,かれは理解を
求め,応答を求める,社会的な存在として
自らをさしだすことになる。 

もちろん「言いっぱなし,聞きっぱなし」
という,コミュニケーションともいえない
「モノローグ」のようなコミュニケーション
作法が定着したのは,自助グループに属する
当事者たちがそれほど他者の反応に怯え,
傷ついてきたからだとも言えよう。なら安全
な聞き手の集団なら,応答があって当然では
ないだろうか。だから「ダイアローグ」なの
である。 








反-主体としてのオープンダイアローグ
(雑誌『精神看護』より)


書評者:松本卓也
(自治医科大学精神医学教室)


誤解を恐れずに言えば、
統合失調症の発病は、それまで他者の庇護の
もとで人生を送ってきた人物が、誰の力も
借りずに一人前の主体となり、自立しよう
とするときの失敗の地点に位置付けられる
のである(もちろんこれは、統合失調症が
心因性の疾患であるという意味ではないが、
紙幅の都合上、ここでは詳論できない)。 

 つまり、「文系」的な言い方をするなら、
統合失調症とは、主体化の失敗によって、
他者に対して主体の座を明け渡してしま
った結果として生じる病なのである。 




目次


第1部 解説 オープンダイアローグとは何か (斎藤環) 

 はじめに それは“本物”だろうか? 


 1 オープンダイアローグの概略 

   全体をざっくりつかんでみよう 
   どんなルールで進められるのか 
   リフレクティングとは何か 


 2 オープンダイアローグの理論 

   ミクロポリティクス 
   詩学1 不確実性への耐性 
   詩学2 対話主義 
   詩学3 社会ネットワークのポリフォニー 


 3 オープンダイアローグの臨床 

   それはどんな経験だったのか 
   ミーティングの実際 
   実践のための12項目 


 4 オープンダイアローグとその周辺 

   ポストモダン 
   オートポイエーシス 
   精神分析 
   ケロプダス病院の実情 
   「べてるの家」との類似性 


 5 本書に収録した論文について 

 おわりに 私たちに「不確かさへの耐性」はあるか 


第2部 実践者たちによる厳選論文 
オープンダイアローグの実際 


 1 精神病急性期へのオープンダイアローグによるアプローチ 

  ———その詩学とミクロポリティクス 
  The Open Dialogue Approach to Acute Psychosis: 
  Its Poetics and Micropolitics. 
  (Jaakko Seikkula & Mary E. Olson) 


 2 精神病的な危機においてオープンダイアローグの成否を分けるもの 

  ———家庭内暴力の事例から 
  Open Dialogues with Good and Poor Outcomes for Psychotic Crises: 
  Examples from Families with Violence. 
  (Jaakko Seikkula) 


 3 治療的な会話においては、何が癒やす要素となるのだろうか 

  ———愛を体現するものとしての対話 
  Healing Elements of Therapeutic Conversation: 
  Dialogue as an Embodiment of Love 
  (Jaakko Seikkula & David Trimble) 



✒用語解説 
✒索引 

✒著訳者紹介 

✒あとがき

















ブログランキング・にほんブログ村へ



ー鈴木千生的感想ー



〈いのちの電話〉を知る機会があり
色々調べてみたことがある。


20年以上前のこと。

〈いのちの電話〉について、言いしれぬ
虚無感と、ジレンマを感じた。要するに


「話したい」 「聞いて欲しい」 相手からの
SOSは、一方的に相談者への配慮と

「話して下さい」というものとはかけ
離れた 「話したいので聞いてくれ!」 と
いう感情や、想いをくみ取らない場所に

〈いのちの電話〉が存在していたような
空気があった。簡単に言うなら

〈壁〉に向かって話しまくるような場所
にあり、「一方的に喋りまくる」だけの空間
というもの。相談者の悩みや苦痛の矛先に

〈いのちの電話〉は、存在していないかの
ような仕組み。悩みや想いに対する助言や
回答は、避ける仕組み。


「一方的に話して下さい」 では、歯がゆい。
「応えちゃいけない」 とか、「聞くだけ」では

「かけたのに(意味なかった)!?」
感情を誘因する。つまりは


「どうしたらいいか分からない」 人に対して
「こうしてみたら?」とか、「意見」とか

「解決策」を提案しちゃいけない、という。
まさか、である。…な訳ないでしょ?

だよね。「答えは言わない」 カウンセラー、
「聞き役」だけの相談所は、意味が無い!


「あなたについて話して下さい」 だけ
なのか。「言いたいことを言えば?」とか
「話したいの?」 では、反対に失礼である。


なら、相談所なんか名乗らないでくれ!

それが相談者の内情だ。理不尽な福祉。


そうした諸々を、ここでは提議する。
そんなことが、精神医学には起きてくる。


悔やまれる。まともなら、自殺願望のある
悩んでる相談者を、くい止められない…。


「せっかく電話したのに…」 では、電話代
なんか捨てるようなもの。

生きるか死ぬかなんて時に、ひとりぼっち
の苦しみの中に居る人間なら、まともなら

〈いのちの電話〉なんかは
役に立たない、と実感する。救えないよ!


〈救う〉なんて、さらさら頭に無いのが
「壁みたいな場所にいて泣き叫ぶ」人間を

「思い切り話したら?」なんて、軽々しく
言うヤツ。ウソつきな霊能者きどりに
類似したシステム。


真夜中の電話なんか

そんなもんだわ。霊視なんか出来ない人に
意味が無い霊視をされるようなもんだよね。


〈ヒーラー〉だの、〈カウンセラー〉の
ウソつきに、意味が無いようなレベルの
話をしたくてするんじゃないのに。


相談者は真剣!
だから、詐欺なんかに仕事させてる…。


個人情報集めが、ヒーラーやカウンセラー。

犯罪に悪用されてく。高いお金を払いつつ
相談して、振り込め詐欺(宗教含め)の
被害者にされてしまうのがオチだわ。


だから、精神科医のレベルが詐欺にも
似てくる。世間知らずが世間知らずを
騙すみたいな。


当てに出来ない相談所。

救えないヤツが、救う気も無いのに
人間好きなふりをして、芝居をやる…。


頭が悪いから、やりたがるけど?

頭がいいと、当てに出来なくなるんだ。
あんなの精神科医や霊能者じゃなくても
見えるじゃん、てな感じに気付くんだ!


〈壁〉に向かってひとりごとを言う方が

頭は、生理出来るんだ。ハイアーセルフ
かなり有効に、叡智に繋がる感じになる。


受けるんだ。「冷静になりましょうね」とか
「あなたは、いったいどうしたいの?」とか。


声にならない声。嗚咽をもらす闇の中で
泣きながら、どうしようもなく怯えるの。

誰にも見えない、誰にも分からない現実。
死にたくなる、死ねない。他人は見えない!


「自分自身を救えなきゃ、人間やれない」
と気付かなきゃ、己なんか生かせない。

つまりは、己を活かせない人間が精神障害。


脳障害は、脳の病気。精神疾患は、人格や
家庭の病気。分からないのが精神異常者。




続きを読む
mixiチェック

ブログネタ
サイエンスへの扉 に参加中!
「犯罪心理学」という題名にしてると
さも、心理学を話すかのように見えるが。


実際には、「発達障害ばかりが受刑者に多い」
という現実を、ここでは話題にしておきたい。


「人間」という括りからは、明らかに離脱
した雰囲気がある。「発達障害」により
ハラスメントや、迷惑行為をしていた人。

その男は、バスターミナルでベンチに座る
市民に、なにげに近付いた。ベンチに座り
いきなり、足で腿を突いてきた。


意味不明を話し、乗車前の女性に近付いて
隣で話しかけるでもなく、いきなり会話に
入ってきて、その男は年齢不詳。

見た目に、40前後に見えたが、自身で
25歳だと話していた。一昨年の5月。


その姿が、角松敏生の成り済ましに
見えた。が、オーデコロンを匂わせて
カジュアルな服装をし、髪は長めにし

様子は、角松敏生を若くしたかのように
見えた。声は違う。話し方も違うのに?

ふりをしているかのように見えたが。
体型は、角松敏生より小さく見えた!


発達障害を、初めて私は認識させられた
体験である。普段、新宿育ちの私でも

ああした姿の男性には、出会ってなかった。
知らなかった。病院の外来にある精神科で
ああした患者は、見たことがなかった。


都立病院でも、精神科の患者の異常さは
以前は、さぼど気にならなかった。しかし

意図的な、大げさなふざけ方や暴れ方とか、
騒ぎ方は、調布市に暮らしていた頃からも
多摩川の緑地近くに、精神障害者がいて

騒ぐような姿は、見たことはあるのに?


作業員を、「発達障害者」だと思わずに
見ていたら、精神障害や脳障害による行為、
騒ぎ方や、ハラスメントや迷惑行為であり

嫌がらせを習慣づけた、病気のせいである
という現実は、市街地に居て多数見かけた。


調布市にいて、創価施設の周りでそれを
初めて、精神障害、脳障害者の現実を見た!




ケースで学ぶ犯罪心理学
越智 啓太
北大路書房
2013-09-20



良心をもたない人たち (草思社文庫)
マーサ スタウト
草思社
2012-10-04















サイコパス -冷淡な脳-
ジェームズ・ブレア
星和書店
2009-07-17








昨今増えた、宗教信者によるハラスメント。


犯罪心理学を明らかにする、個人では行動を
しない、出来ない内向型性質による集団化。


「言いがかり」「他人の私生活への介入」や
「繋がらない赤の他人への弾圧や攻撃」など。

実現や、実践が明らかに「発達障害」である
性質からの言動や、行動がある。彼らの言葉、
発言、会話には「私感」や、「体験談」が無い。


「知識に基づいた意見」は無い。自己開示や
自己陶酔も稀だ。あてずっぽ、気ままな呟き、
知らない内容の繰り返しを話しているような
日常生活のようである。


そこに魔が介入した時が、犯罪に繋がるよう
である。言い訳や、自己否定だけをやると、

「ハラスメントをしていた」「嫌がらせする」
日常生活の自覚がある、精神障害者である
ことが顕著。言い訳や、自己防衛本能では

「発達障害者らしく過ごすこと」により
顕著になる行動や発言に、第三者が介入を
しているようだ。内面に自己憐憫があると

「脳障害ではない、精神的な問題にある」
その周りに居る第三者からの洗脳や、また

介入による指示や指導から、当たり屋の
ような姿など。ハラスメントの習慣がある
知的障害者のイメージを生み出した家庭に
ある罹患者特有の騒ぎ方や日常が見える!


弾圧、狂言、ハラスメント、迷惑行為が
精神障害者の日常生活に垣間見れるが?

発達障害と知的障害がある幼児や、また
青少年に、そうした環境を与えている親、
大人たちの介入も見え隠れする。


私の成り済ましが、市街地に存在して
そうした、犯罪心理学について知る機会
を得た。繰り返し、繰り返し何百日もの
間、繰り返される集団化したパワハラに

精神障害者や、知的障害がある青少年の
脳機能の欠陥や、問題を放置した家庭の
現実が見えて来た。


医学的に、治療をしないままの青少年や
家庭単位の、宗教信者に繋がる場所での
ハラスメントや、迷惑行為に繋がる日常は
思慮や、節度やモラルを持たない人たちの

「犯罪への介入」や、「テロリズム」に
しか見えない。知性、倫理、社会性の
有無が問われる場所で、分別が機能を
していない人たちのパワハラ活動には、

成人してからの、社会生活が宗教による
集団化や習慣。マインドコントロールを
された政党の思想によるものが見て取れる。


これらテーマを、私が書いているのは?

角松敏生自身が、発達障害や脳障害による
人々の犯罪行為や潜在的な意識からの離脱、

日常生活における習慣づけられたパワハラ、
昨今増えた青少年による凶悪犯罪を問題視
したことにより、これを書いている。


私に成り済ました人たちは、こうした
問題を記録していない。人道的、かつ
倫理的なテーマを嫌う政党や、宗教では
私の記録している内容は、会話にしない。

角松敏生自身の日常生活における会話や、
彼自身の思考や、哲学をテーマにしている
内容を、角松敏生のファン以外は知らない。


角松敏生に繋がり、角松敏生の身元に通じ
繋がってきた、と言っていた市街地にいる
女性たちは、精神医学や犯罪心理学などに
ついて話題にもしていないし、ブログには
書いていない。


角松敏生に繋がるふりをしてきた女性が、
角松敏生が普段から話す精神医学について
のテーマや、哲学を使っての話題には普段

多摩地域に居る角松敏生の家族のふりをし
繋がっている演技をしていた女性たちとは、
明らかに思想に違いがあり、


角松敏生が
普段話してきた内容を、角松敏生に繋がる
ふりをする女性たちが、話題や会話にして
いない。心理学的にテーマにし、それを

話題にし解明し、発達障害や脳科学を題材に
して、取り組んでいた日常生活を、角松敏生
の習慣、青年期からの日常生活であり環境で
あることを知らない市街地の人たちは、


精神医学についての話題を、避けて生きて
いたかのように見える。角松敏生は私には
精神医学や、脳科学についてを常に話題に
し、論じさせていた。


私の習慣や私の思想やら、私の発言とは、
角松敏生には、現在の私も幼稚園時代の
私そのままで、私らしいそのままなので
あり、私の思想は、今も

幼稚園時代そのままだと角松は認知して
いる。私を幼稚園時代から知る角松敏生は、

「ヒロエだから分かる!」と、連呼し
私の存在を面白がっている。


角松は、幼稚園時代に「犯罪者について」
論じさせたり、論じたりしていたし?

精神障害者を、「なぜあんなになるのか」
私と話していた。私と並んで座っていて

毎日、「悪いことをやる人間について」の
話をし、「罰があると地獄にいく!」とか、


そんな会話ばかり隣にいて、話していた。
幼稚園が、キリスト教の幼稚園だったから
だと思ってはいるが。常に、ふたりで話し

「感謝して生きる」という私の隣で、
角松敏生は、「オレもやる」と言って、
真似をしていた。神様に仕えるつもり
だと言っていた。アガルタだろうか?








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





mixiチェック

ブログネタ
医学まるかじり に参加中!
世の中に余り知られていない、
見えにくい精神疾患の発生と『うつ病』。

精神障害。『躁鬱病』は、分かりやすい。


『躁鬱病』に罹患した医師に国立病院で
出会った。医学は、エリート意識と裏腹。

医療機関にもいる、対人恐怖症や人見知り。
医学者だから、『病まない』とは言えない。


精神疾患は、仮性もある。医師には外来で
診療やコミュニケーションが取れない人も
いる。


パニック障害もいる。解離性障害もいる。
治らないまま医師になる人が!?


患者と話せない、患者に聞けない。患者に
質問されたら、しどろもどろする医師。


私は、平成11年に、そんな医師たちを
目の当たりにしている。がんの告知や
説明に視線が合わせられない産婦人科医。

聞かれて困ることは、研修医にやらせる。
精神疾患があるのに、放置した人見知り。
国立病院の産婦人科医にいた。


オウム真理教にいた医学者の中にも
そうした精神疾患により、オウムへの
盲信に繋がっていった医師たちがいた!


参考までに。『精神科』とは?



精神科臨床Q&A for ビギナーズ

外来診療の疑問・悩みにお答えします!

著:宮内 倫也

判型 A5頁 308発行 2016年08月
定価 3,888円 (本体3,600円+税8%)
ISBN:978-4-260-02800-4


序文

それが知りたかった!
かゆいところに手が届く68のQ&A!


精神科の後期研修医や若手医師が外来診療で
疑問に思ったり頭を悩ませたりしていること
などを中心に、Q&A形式で解説する入門書。
基本的な心構えから診察・向精神薬、各疾患
に対する薬物・非薬物療法まで幅広く取り
上げる。セリフやモノの言い方、診療態度
などが重要になるケースは症例を提示、また
薬の増量・減量や変更などについては可能な
限り数字を例示するなど、できるだけ具体的
な状況がイメージできる内容にまとめている。



【新品】【本】精神科臨床Q&A forビギナーズ 外来診療の疑問・悩みにお答えします! 宮内倫也/著
【新品】【本】精神科臨床Q&A forビギナーズ 外来診療の疑問・悩みにお答えします! 宮内倫也/著



目次


第1章 まずは基本 

▫Q1-1 精神療法とはそもそも何ですか? 
▫Q1-2 医療者が診療でこころがけることは何ですか? 
▫Q1-3 患者さんを理解することの第一歩は何ですか? 
▫Q1-4 “共感”って難しいですか? 
▫Q1-5 DSMは間違っているって言う人がいますけど… 
▫Q1-6 患者さんの回復とはどういう状態を指しますか? 


第2章 初診と再診で気になること 

▫Q2-1 初診に時間はかけるべきですか? 
▫Q2-2 聞きづらい症状はどうやって尋ねますか? 
▫Q2-3 診断はできるだけ早く付けるべきですか? 
▫Q2-4 ご家族とお話しする時の心構えは何ですか? 
▫Q2-5 患者さんが思うように改善しない時,どうすれば良いですか? 


第3章 お薬の一般的な注意点 

▫Q3-1 処方する薬剤の説明はどのようにすると良いですか? 
▫Q3-2 薬剤の減量/中止で注意することは何ですか? 
▫Q3-3 きちんと内服してくれない時はどうすれば良いですか? 
▫Q3-4 漢方薬を使ってみたい時,どう勉強すると良いですか? 
▫Q3-5 運転や妊娠との相性はどうですか? 


第4章 統合失調症 

▫Q4-1 統合失調症はどんなイメージを持つと良いですか? 
▫Q4-2 幻覚妄想やプレコックス感があれば統合失調症ですか? 
▫Q4-3 幻聴や妄想についてどう心理教育をしたら良いですか? 
▫Q4-4 抗精神病薬同士の違いをどう理解したら良いですか? 
▫Q4-5 錐体外路症状が出現した時,抗コリン薬を追加すべきですか? 
▫Q4-6 慢性期統合失調症の患者さんの抗精神病薬は減量できますか? 


第5章 双極性障害 

▫Q5-1 双極性障害は過剰診断ですか? 過少診断ですか? 
▫Q5-2 Ⅰ型とⅡ型に明確な違いはありますか? 
▫Q5-3 双極性障害診断ではどこに気をつければ良いですか? 
▫Q5-4 心理教育はどのように行いますか? 
▫Q5-5 気分安定薬の選択と抗精神病薬の使い方はどうしますか? 
▫Q5-6 うつ病相の薬剤治療に困っています… 


第6章 うつ病 

▫Q6-1 メランコリー親和型うつ病が本当のうつ病ですか? 
▫Q6-2 うつ病は励ましたらダメと言いますが…? 
▫Q6-3 心理教育はどう行うと良いですか? 
▫Q6-4 抗うつ薬はどう選ぶと良いですか? 
▫Q6-5 患者さんの意欲がなかなか上がってこないのですが… 


第7章 不安症・強迫症・PTSD・適応障害 

▫Q7-1 不安症や強迫症と診断する時に気をつけることは何ですか? 
▫Q7-2 心理教育はどう行うと良いですか? 
▫Q7-3 ベンゾジアゼピン系の依存をつくらないためにはどうすれば良いですか? 
▫Q7-4 PTSDの治療薬剤にはどのようなものがありますか? 
▫Q7-5 PTSDの非薬物療法を尋ねられたらどうすれば良いですか? 
▫Q7-6 適応障害の診断が漠然としていてあまり存在価値が分からないのですが… 


第8章 身体症状症 

▫Q8-1 身体症状症と身体表現性障害の違いは何ですか? 
▫Q8-2 心理教育はどうしますか? 
▫Q8-3 診療の実際はどのようにしますか? 


第9章 睡眠障害 

▫Q9-1 「眠れない」という患者さんに対してまずすることは何ですか? 
▫Q9-2 一次性不眠や概日リズム睡眠障害の最初に行うべき治療は何ですか? 
▫Q9-3 悪夢を何とかしたいと言われますが,どうすれば良いですか? 


第10章 アルコール依存症 

▫Q10-1 アルコールについてどうやって聞き出すと良いですか? 
▫Q10-2 どのように指導をすると良いですか? 
▫Q10-3 アルコール依存症の患者さんに優しくなれません… 


第11章 摂食障害 

▫Q11-1 摂食障害は外来でもやっていけますか? 
▫Q11-2 初診ではどのように話をすると良いですか? 
▫Q11-3 軽症での治療ポイントは何ですか? 
▫Q11-4 患者さんの状態が一進一退で膠着状態です… 


第12章 パーソナリティ障害 

▫Q12-1 そもそもパーソナリティ障害ってどういう疾患ですか? 
▫Q12-2 境界例と境界性パーソナリティ障害は同じですか? 
▫Q12-3 パーソナリティ障害の診断は難しいですか? 
▫Q12-4 境界性パーソナリティ障害の心理教育はどうしますか? 
▫Q12-5 境界性パーソナリティ障害治療の心構えを教えて下さい 
▫Q12-6 自己愛性パーソナリティ障害にはどんな特徴がありますか? 


第13章 認知症 

▫Q13-1 認知症の疾患同士の鑑別はどうすれば良いですか? 
▫Q13-2 どの疾患から勉強をすれば良いですか? 
▫Q13-3 BPSDはどのように対処しますか? 
▫Q13-4 薬剤を使う時の注意点は何ですか? 
▫Q13-5 ご家族に気をつけてもらう点は何ですか? 


第14章 発達障害 

▫Q14-1 成人で自閉スペクトラム症を疑う時はどんな状況ですか? 
▫Q14-2 自閉スペクトラム症にはどんなイメージを持つと良いですか? 
▫Q14-3 感覚鈍麻や感覚過敏はどのように説明できますか? 
▫Q14-4 自閉スペクトラム症の診断はレッテル貼りだと批判されることがあります… 
▫Q14-5 患者さんにはどのように対処すると良いですか? 


✒索引 

COLUMN

1 医療者の外見 
2 精神科志望の初期研修医は何を勉強すべき? 
3 外在化のテクニック 
4 診療時間と予約間隔 
5 お薬の色や形を知っておく 
6 デポ剤を勧める時 
7 テツガクしましょう! 
8 生活リズムは大事です 
9 患者さんが来なかったら 
10 身体疾患を考える時 
11 病院見学で重視するところ:その1 
12 病院見学で重視するところ:その2 
13 似てるかも? 静脈ルート確保とクレーンゲーム 
14 引き継ぎは繊細 
15 これからのために 
16 診察室の雰囲気 
17 受容と強要 
18 エビデンスとナラティブ 
19 専門用語の功罪 
20 言語学に愛の手を














精神疾患のある、医師にある特徴の中に
皮膚科医でありながら、乳がん患者の
乳房を摘出した手術痕が見れないとか、

精神疾患のある看護師は、病棟勤務が
出来ずに、開業医に勤務しトラウマや
病気から逃げ出した生活をする人たち
というのもいる。医療現場には

精神障害のある医師やナースがいる!


命に繋がりにくい、人間に優しくない、
精神障害者でも国家資格を所有したり、
医療現場に身を隠す精神病患者がいる。


その反面、
患者に対して、スキルがある精神科医ほど
頼れる人は居ないだろうが。精神疾患には

患者を〈かわいそう〉というイメージや
〈障害者〉というイメージだけでは普段

なかなかその厄介な暮らしぶりや習性には
気付かないだろうし、見抜けないだろう?


羞恥心や呵責、モラル、記憶、経験、
知識、説明、正道は排除したがる病気。


非人道的な立場に居て、理解されなくて
構わない人たちが、他人を理解しないと
私生活に踏み込んだり、ストーカーや
言いがかりをつけたがる。そうして?

知らない人を、知るふりをしたり第三者の
成り済ましまでやる。精神障害は、真似や
ふりをやるが、当事者やターゲットに全く
理解を持たない。分別や認識は無効地帯。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

mixiチェック

2016年2月17日/記



『憎む』とか、『憎しみ』という感覚を
こだわりながら生きている、精神病の人が
いる。彼らは、『愛する』という感覚には
繋がりにくいそうだ。他者への執着があり


他人への『こだわり』がありながら、
なぜか、『嫌う人』へのこだわりがある。

彼らが、常に他人を意識している感情は?


『嫌われている』ことを喜び、中には
『知っている』ふりをする、誰かの仲間や
知らない第三者に『成り変わった』気分に
なるそうだ。自覚もなしに、他人のことを

『自分』が誰になったかを探りたがる。
要するに自分が、別人に成り済ますことに
躍起になり、成り済ます相手に依存してる。


インターネット上のユーザーや、第三者や
他人のアカウントやハンドルネームに憑依
されたかのように、思い込んでいたりする。


私が書いたブログ。文章を読む精神障害者。


彼ら、彼女らは、私が書いた文章を自身の
書いたもの、自身が私に口寄せして書いた
もの、であるかのように思い込んだ。


精神病に罹患した彼らには、自分を分かる、
自分に関する情報は、全て他人の話にする
という習慣がある。が、私の体験や

私の人生を『自分のこと』だと思い込んで、
私と自分自身とを区別しない、出来ないと
いう感覚にいた。


彼らは、私が書いた記録や、私の写真を
『自身のこと』であるかのように芝居をし、

時にそれは、私の体験や経験が、自分たち
に繋がらない、自分たちと関係がない話題
だと、話は全て嘘にしてしまう。要するに、

自分たちが軸、核にいて。私が書いた記録
というものを、みんな『自分が書かせた』
文章だと思い込んでいた。


私に憑いた、私に成り代わっている自分が
書かせたものと思い込んでいた。つまり、

私の魂のことを自分の姿だと思い込んでた
精神障害者が、私の書いてる文章を自身が
書いているふりをしていたのである。


それが、自分の範疇や思想とかけ離れて
いた内容であるならば、私の記録とは

『嘘が書いてある』と決めつけた。彼らは
私の文章を、自分が書かせたことだと想像
した。彼らは、私の体験を自分たちの日常
生活だと思い込み、演じていた!


それが、彼らが私をストーカーしたり、
私に恐喝したり、ハラスメントをして
暮らしてきた事由だった。


それを、認めたがらない彼らの意識とは
私に『嫌われている』ことを、望みながら
ふりをして、私に化けたつもりになった時

『憎んでるね』とか、『嫌ったね』などと
話していた。彼らの常識は、彼ら自身が

『サイコパス』『精神病質』である現実を、
全て拒否したことにより起きた感情らしい。


彼らは、『好きなこと』や『得意なこと』や
『楽しいこと』や『学ぶこと』をしたくない
ようであり、他人を『バカにする』とか

『蔑む』とか、『からかう』とか『傷つける』
ということが、習慣であり義務のように考え
それをしないことが、苦痛になるという。


発達障害に罹患した自分に対する、憐憫や
悲観は自覚していて。他人を、発達障害に
ならなかった人たちを、彼らは敵対した!


他人の艱難辛苦や、経験に無関心だったり
他人の知識やスキルに、異常に反感を抱き
人のプライベートを気にした。友人関係や
家族を、気にしながら成り済ますことをし

関係者ぶったり、親戚や仲間になる演技を
していた。知り合いや家族のふりをして、
当事者にはハラスメントをしていた!


精神病がある彼ら、彼女らの、その日常は
他人を演じて生きて、他人の能力や経験や
人生の再現を演じているつもりになった。

『演技パーソナリティ障害』という病気の
ひとつだった。彼らは、主人公に成りたい。


彼らは、苦労や悩みやしがらみは持たない!

しかし、体験者やインターネット上に存在
したブロガーや、記録者には成り代わり
模倣し、名前やペンネームを盗用したい。


彼らは、他人のアカウントやニックネーム、
芸名やペンネーム、名前を使いたがった!


『幾つもあって、ずるい!』と言っている
始末。他人のアカウントやハンドルネーム
というのを、盗用して名乗りたがる。

実に摩訶不思議な発想をし、いちいち
干渉し、目くじら立てヤキモチを焼く!



私は、私のふりする人間や、成り済ましに
ハラスメントを受けて来た。彼らは、私を
気にするが、私に『こだわってるね!』と
言っている。彼らは、私に成りたがった!


彼らは、私に嫌がらせをやるが。自分が

私に成ったつもりになるのに、その自分が
『憎まれてる』と、思い込む。それを日常
『サイコパス』の生活だと、彼ら彼女らは

自覚をしている。多摩市で、私が体験した
精神障害者に遭遇した環境と、その人たち
による習慣と、暮らしぶりだった!


彼ら彼女たちは、自身がハラスメントをして
いる人の悪口を言いながら、ハラスメントを
した相手に成り済ます、という習慣がある。


彼らは、魂を霊だとは思わないのに、
自身が他人に憑いた、憑かれたふりはやる。


彼らは、生き霊に憑かれた演技をやるのだ。
が、自身が他人に口寄せしたふりをしつつ
他人を支配したふりをし、第三者には

『自分がやらせた』と、PRをする。しかし
精神疾患のある彼らは、『嘘ついてるね』
と、自身のことを自白することもある!


精神障害という疾患を、演じる彼らの
顕示欲は、なかやか厄介である。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


mixiチェック

↑このページのトップヘ