銀座、

昔、1932年に
祖父が立っていた街角。


私を知らない祖父が、
私を抱いてない祖父が、

和光の四つ角に佇み、
時計台を見上げていた場所。


孝太郎さんが、

歌舞伎座に出演する役者さんたちが、
日々通い、日々見つめてきた街。









仕事で行きました、銀座の街。

三越、阪急、松坂屋、松屋。
新宿から通いました!


私が、知らない明治生まれの祖父を
感じに行った場所。まだ静かな朝
9時過ぎの晴海通り。


どこもかしこも開店前で、静かに
佇む街が、昨夜の余韻にいて微笑む。

シャッターが閉じられ、開けられて
いく。カラスがゴミ箱を漁る気配と
太陽の日差しに眩しげに笑うマネキン。


誇らしげに掲げる看板たち。おはよう!

そんな朝の銀座に、足を運んだ私には
銀座の街は、寝起き前か寝静まる時の
佇まい。


閉店時間を過ぎて、シャッターやドアを
閉めた店やショーウィンドウに、何だか
眠たげな銀座が、「おやすみなさい」と
言っていた。

寝ている街の小さな明かりを頼りに
駅に向かう。「か~えろっ」と地下鉄に
向かう。私には「おやすみなさい」な街。


おじいちゃん、「また明日!」って。
銀座4丁目にいた(はずの)祖父を探す。


蝶ネクタイをし、「服部時計店」にいた
祖父を探す。おじいちゃんのいた銀座は
8時を過ぎて、眠りにつく‥‥。


父の好きな「木村屋」のあんぱんは、
買えない。父がいないから。お店は
シャッターの中。昭和と平成の銀座。

おやすみなさい。




📆杼絽