Prajna/りびんぐ - すけーぷ

お気に入り、世の中に埋もれているモノと私の記録。

タグ:パーソナリティ障害

ー2017年12月28日/記ー




「パーソナリティ障害」という人に出会い、

それは「他人のこと」をかき回したがる人、
ストーカーしたがる人、やっかんだふりや
繋がるふり。もしくは


「関わっていた」ふりや、繋がりある人と
違う人に繋がろうとすること。繋がらない
人への嫌がらせをやりたがる人たちの日常だ。


今まで知らなかった、知り得なかった
精神障害者、「パーソナリティ障害」なる
非常識界に生きる人たちを、私は多摩市で

知るにいたり、聴覚障害や視覚障害は実は
障害者ではない、と思うようになった!?


2010年に、精神病院を認知した。市政、
政策は、「精神疾患には通用しない場所」
だと認識した。精神障害者なる世界観には

「普通は繋がらない」「普通は要らない」
みたいだし。「狂わない人」を気にしたり、


「精神障害を危険地帯」だと考えようもの
ならば、彼らは「繋がる為」ならばと必死
になる。私に対して必死だが。私には

彼らは、繋がらない場所でしかない!?


インターネット社会。blogを読まない、
それを読み、中身を知らなかった人から
ハラスメントをされている。彼らには?


生きる理由や、目的がない。だから、
私に投げかけて、自覚をしているようだ。


精神障害者だから、やっていたことを
アピールしに来たり、精神障害者だから
私に繋がらない理由を私に知られたがる。




自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書)
和田 秀樹
SBクリエイティブ
2016-11-04






和田秀樹さんの本。


これは、なかなか興味深い!?


最近、blogを書いていて
つくづく「作家はいいな」的な気持ちになり、

「あまりあるほどのAmazon」に対して、
「本屋に行く前に知りたい」という気分になる。



Amazonはとりあえずのワンクッションに
利用をして、Amazonをめくりめくるのだが。


ありがたい気持ちになると、買わないし。

普段は、あんまりに無茶苦茶なテーマに

のたうちまわる読み手となって、医学者に
繋がろうとか、繋がりたいなんてことを考え
ないようにして、精神科医の技量やスキルを
覗きに行きたくなる。


頭が悪いと脳に繋がるスキルは、身に付かない。
狂いたくない人は精神科医になりたくない(?)
のかも知れないし。


精神科医は、狂わなきゃならないみたい!?

ある精神病院の医師は、サラリーマンを
退職し、精神疾患から精神科医を目指し、
精神科医となり精神障害者に繋がった人だ。


私なら、
精神科医になりたくはないし、精神科医に
狂わされたくはない。しかし、精神科医が

どの程度の常識人で、どれくらいに多角的で
どれくらいに物知りか、を知りたいとは思う。


「過剰にムキになり盛り上がるネタ」とは、

狂言や、作り話に対してだし。事実や自分に
繋がらない話や、他人の私生活や暮らしには
滅茶苦茶に関わる。エキサイティングな病気。


ハラスメントは、ハラスメントをしている
自覚がない人たちが、知識や経験に繋がる
世界観ではない、知らない、分からないこと
への介入に躍起になる日常であり、男女たち。


お門違い!

つまりは、人様に繋がらない場所や繋がる
必要がない相手に、「迷惑行為をしたい」
病気の人たちが存在してる。

精神科医にはかかれない精神障害者ぶりが
生きる場所で、お門違いな見解と、思想や
ルールや、ステータスもない人たちの我心。





*説明*

ー内容紹介ー
本物の才能より声・外見・演技…
ショーンKと対談した著者が迫る「騙しの心理」


マスコミを騒がしたショーンK氏、野々村元県議、小保方氏、舛添氏…。
最近急増する自己愛性・演技性人間という存在――。
そういう人に魅了されたり、簡単に騙される私たちやマスコミ。
新たなパーソナリティの諸問題を、現役精神科医がするどく分析!

「普及したSNSで言動をやたら盛りたがる人」
「嘘を積み重ね周りを信じさせるばかりか、自分の嘘を本当だと思い込む人」
「仰々しくやたら演技がかっている人」
「責任を問われると自分が被害者であるかのごとく言いたがる人」…
こういった、最近急増する自己愛性・演技性人間という存在――。
そしてそういう人に魅了されたり、簡単に騙されたりしてしまう私たち(個人からマスコミまで)という存在――。
近年増殖するあらたなパーソナリティの諸問題(事例)を、現役精神科医がするどく分析する。





自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書)
和田 秀樹
SBクリエイティブ
2016-11-05





出版社からのコメント
「まえがき」より

振り返れば二〇一四年は、STAP細胞の捏造問題(実際に、捏造があったと私はまだ断定できないと思っていますが、「捏造」として決着がついたようなので、こう呼ばせていただきます)や、有名音楽家の替え玉作曲事件など、自分の業績を〝偽装〟して一流扱いを受けていた人のメッキが剥がれ、多くのワイドショーで持ち切りになった年でした。
彼らが派手な記者会見を行ったこともあって、何人かの精神科医が、同じ年に政務活動費の不正使用が発覚した野々村竜太郎兵庫県議(当時)の号泣会見も合わせて、「演技性パーソナリティ障害」だというふうに論じ、この言葉が広く知られるようになりました。

さらに二〇一六年三月には、『週刊文春』がショーンK氏の学歴・経歴詐称をすっぱ抜き、やはり〝偽装〟が話題になりました。ネットなどではショーンK氏についても「演技性パーソナリティ障害ではないか」という声が挙がりましたが、私自身はそうではないと考えています。これについては本書で詳しく説明しますが、いずれにしてもここ数年は、自分を〝偽装〟したり、自分を〝盛る〟ことで良く見せようとする自己アピールの強い人たちが問題を起こす傾向が強まっていることは事実だと思います。

その一方で、日本人の多くは、これまで「能ある鷹は爪を隠す」が美徳だったのに、自己アピール力がないと、選挙に勝てない、出世できない、それどころかリストラの対象にされかねないという事態に直面しています。
また、ペーパーテストによる学力勝負だった入学試験も、今ではすでに五割の生徒が付属校からの推薦も含めて、推薦やAOを経て入学し、さらに二〇二一年の春入試からは東大入試も含めて、すべての大学がAO入試を採用するように求める答申もなされています。

これが意味するところは、学力よりも自分をよく見せるのがうまい学生のほうが有利になるということです。私がすべての大学のAO入試化に反対するのも、さらなる学力低下の懸念もありますが、海外では、大量の専従職員や面接のプロを集めてアドミッション・オフィス(これがAOです)を構成しているのに、日本では面接の素人としか思えない大学の教授が面接をするので、学生の〝盛り〟に対応できるとはとうてい思えないからです。

結局、〝盛りたがる〟人のほうが自分を自分以上に見せることで得をしやすく、そうでない人は不利な立場に置かれやすい時代になっているのです。ですから、むしろ演技性のパーソナリティ(本書で解説しますが、演技性パーソナリティ障害は心の病ですが、演技性パーソナリティはある種の個性です)のほうが適応しやすくなっているわけです。
そうなってくると、自己アピール力を磨くだけでなく、自分を〝盛る〟ことに抵抗のない人たちへのある種の免疫力(医学用語なのでしょうが、日常的な意味で使わせてください)を持つ必要もあるし、〝盛った〟情報に惑わされないリテラシーも必要です。


内容(「BOOK」データベースより)

いま、テレビやSNS、職場等では、平気でウソをついたり、演技や経歴詐称まで行ったりして、自分を過度に良く見せたがる人が増えており、「演技性・自己愛性パーソナリティ」の時代が到来している。最近マスコミを騒がした野々村元県議、小保方氏、舛添氏らの事例を考察しつつ、そういう人に魅了され、簡単に騙されてしまうマスコミや私たちの問題にも鋭く迫り、どういうリテラシーを持つべきかを精神科医である著者が教える。


*著者について*
1960年大阪府生まれ。1985年東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授(医療福祉学研究科臨床心理学専攻)。一橋大学経済学部非常勤講師(医療経済学)。川崎幸病院精神科顧問。





―――――――――――――――――――――――――――




私は、精神病の人たちに精神科医より
豊かな暮らしをしてあげられたのか?



私の、多摩ニュータウンでの日常は

精神疾患のある共産党やエホバの狂気に
いかに、繋がらなく生きるか、であるし。

キチガイの脳が沢山、たくさんコロコロと
街じゅうに転がるニュータウンで、どう
耐え忍ぶか、なのである!


犯罪者の、受刑者の6割は「発達障害」だと
言われていた。精神障害者は、4割の犯罪者
を正常な人間だと、騒いで盛り上げていた。

自分たちを発達障害だとアピールしているか
のように、あとの4割にこだわっていた。


共産党関係者ぶりが、

その4割には居ないらしい。かなり
こだわり、発達障害の6割を誇示していた。

彼らは、4割という世界観に妬みがあった!
それも、パーソナリティ障害の醍醐味か…。




🖋️ 鈴木霄でした。









mixiチェック


昨今、かなりの頻度で出会います
『パーソナリティ障害者』なる顔!


『生まれてきたけど居ないふり』の人。
『住んでるけど名前が無い人』のふり。


『知らないけど分かるふり』の男女。
『見ていないけど見られたふり』の人。

『好きじゃないのに繋がりたがる』人や、
『詳しくないのに知っていたふり』の人。


インターネットで、アカウントやあだ名、
ハンドルネームを使ってる『仮名』なる
地方に暮らしてるふりをする人たちがいて、

精神障害や発達障害をアピールする病気は
本名を言わなくなることにより病気を誇示。


成り済ました者や、自分を知らなくする
弱虫のふりがいる。人間であることによる

『自分らしさ』や、『ほんとの名前』を
言えない、言わなくなるスポーツ選手の
ふりをし、グラウンドで叫んだりする少年。


『住宅』や、『地名』や『道の名前』に
繋がらない環境にいるみたいになる人々。

バスの停留所を分からない、歩かないで
自家用車に乗り、自分が暮らしてる場所、
自分がいる、立っている位置を知らない
ままに暮らしてる発達障害や知的障害。


『自分のカラダに繋がる情報』を知らない、
『自分の命に繋がる身元』を分からない
ふりをする、洗脳されてるふりをする顔。


彼らは、自分を『何処の誰なのか』を
知らないふりをする。なぜ?


自分の名前が言えない人が、なぜ
近所の人には詳しいふりをする?

なぜ、本名を言わない人たちが
犯罪者でないふりをやる? なぜ?


なぜ、彼らは他人の偽名を気にしない?
なぜ、彼らは他人のペンネームを欲する?

なぜ、彼らは他人のハンドルネームには
繋がるふりをする? なぜ人の本名には

ハラスメントをし、牙を向けた?


自分の名前を嘘をつき、ペンネームや
ハンドルネームを使わない人たちが、

なぜ他人の身元には繋がるふりをし
自分たちは、偽名を語りインチキを言う?


『パーソナリティ障害』を分かると言った
人たちが、なぜ『自分自身について』は

分からないアピールをする?
なぜ『今の自分』についてを、言わない?
なぜ『今の自分がいる場所』を知らない?


なぜ『生きていること』に、繋がらない
ふりをし、『何処の誰か分からない』と
いう演技をするの?



自分の暮らしてる、自分が発してる声で
自分がいる居場所をアピールする顔が、

なぜ『自分を知らない』という演技をし、
なぜ『自分を分からない』ふりをしても
自分の声で、自分の居場所をアピールする?


なぜ『何処の誰か』名乗りたがらない顔が、
いつも自分のいる場所をアピールしてる?


インチキがある顔が、なぜ自分の育った
地名を言わなくしてるの? 本名にない、
本籍にいない名前を名乗り、なぜ今

暮らしてる場所を分からせたがる?


自分という字を読まない病気を、
不安にならない発達障害のふりは

『本名が言えない犯罪者』だという
イメージを作り、演じたがるようだ。


彼らは『じぶん』を悪い人だと
アピールに、自分の居場所を誇示
して自分の『嫌いな名前』を隠し、

犯罪者みたいに『不都合がある』
アピールをしたがる!?


『自分らしくない』とか、『自分には無理』
だということを、ごまかしているふりをし

明らかに『自分を知られたい』アピールが
ある。『誰が繋がるか?』ではない!?


『繋がりがある』ふりをする日常習慣に
『自分は誰か言いたくない』という気難しさ
により、『自分らしいこと』を分かるらしい。

彼らは、『名前に繋がるふり』があるが?


本名や、住所には繋がらないアピールをして
『誰か言いたくない』のに、生きてきたこと
への抵抗や、背中を向け現実への回避がある
らしい。


生きてきた場所や、働いたことがある会社や
繋がる友人や、出かけていく街には繋がる
アピールがない精神障害者がいる!?


名前と、本名と、身元と繋がらない
場所や人間に繋がるアピールをして
自分の在処を分からなくする彼らは
自分の今を見えなくすることに躍起だ!


『繋がらない』ことを危惧し、『知らない』
ことを嫌い、『自分について』は秘密にし
彼らは、『訳知りに見せる』のだが。

自分を『どういう人間なのか』のPRは
しない。『精神疾患があります!』と
かなりの自己顕示欲が見てとれる。


『病んでます』というイメージを誇示し、
『あなたにすがっています』をイメージ
させている。ハラスメント好きな彼らは?

『頭が悪いです』『嫌がらせしたいです』
とか、明らかに『発達障害者です!』と
アピールしている。


また、そのようにしか表現をしないし、
自己顕示をしていないように見えるのだ。


『こんなに変な人間ですよ~』と叫び、
『頭が機能してませんよ~』とアピール
してきた。彼らには『治したくない』とか

『精神障害者です!』という日常習慣しか
出てこない。『狂わされたふり』をしたり、
『発達障害者ですが、何か?』という誇示。






では、パーソナリティ障害について











―説明―

内容紹介

《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【その生きづらさ、パーソナリティ障害では?】

パーソナリティとは、その人らしさのこと。それが障害されるとはどのような状態なのでしょうか。
パーソナリティ障害は、思春期から問題が表にでてきます。ものの考え方や行動のパターンが著しく偏ってしまい、対人関係がうまくいかずトラブルを起こすため、近年、発達障害との合併症や誤診といったことが問題視されています。
さらに本人に病識のないことから周囲が巻き込まれやすく、その対応に負担に感じている家族も少なくありません。摂食障害や人や物への依存などの問題行動、引きこもりなどの背景にパーソナリティ障害が隠れているケースもあると言われています。
本書ではとくに患者数が多い「境界性」と「自己愛性」の2つのタイプを中心に障害の特徴、背景から自分自身で治すためにできること、家族や周囲の正しい対応法まで解説します。本人だけでなく、家族や職場など周囲の人に役立つ一冊です。



📎パーソナリティ障害とは

・パーソナリティに著しくかたよりがあり、対人関係がうまくいかず問題が起こる状態
・自閉スペクトラム症などの発達障害が隠れている場合もある


📎境界性パーソナリティ障害の特徴

・根底に「自分は見捨てられた子」という強い思い込み(幻想)がある
・よい子と悪い子、両極端の自分がいる。周囲に対しても態度が激変する
・過食、親への暴力、人や物への依存などの問題行動で、周囲を巻き込む


📎自己愛性パーソナリティ障害の特徴

・「理想化した万能の自分」しか愛せない。等身大の自分がない。
・健全な自己愛が育っていない。失敗や挫折に弱く、うつや引きこもりに
・目に見える結果がすべて。他人の評価を過度に気にして批判されるとキレる



【本書の内容構成】

📌第1章 パーソナリティ障害について知る

📌第2章 パーソナリティ障害の要因はなにか

📌第3章 境界性パーソナリティ障害――「私を見捨てないで」

📌第4章 自己愛性パーソナリティ障害――「私をもっと賞賛して」

📌第5章 治すために必要なことがある



📒内容(「BOOK」データベースより)

その生きづらさ、パーソナリティ障害では?

「境界性」と「自己愛性」を中心に障害の特徴、背景から治すためにできること、家族や周囲の正しい対応法まで。



*著者について*

🖋️市橋 秀夫

【監修者プロフィール】
市橋秀夫(いちはし・ひでお)

東京医科歯科大学医学部卒業、医学博士。

精神保健指定医。都立松沢病院、東京都精神医学研究所兼務研究員、都立墨東病院神経科医長、福島大学障害児病理教授などを歴任。一貫して臨床実践と臨床研究に携わる。とくにパーソナリティ障害の治療では実績を上げている。日本精神病理学会評議員、外来精神医療学会理事、精神科治療学編集顧問。『精神科臨床ニューアプローチ7 児童期精神障害』(メジカルビュー社)、『うつ病診療のコツと落とし穴』(中山書店)、『TODAY’S THERAPY 2006 今日の治療指針 私はこう治療している』(医学書院)、『新世紀の精神科治療』(中山書店)など著書多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





*2018年4月5日/記*


私が市街地で見て、知った人々は?

『日常は、異常なんだけど』という
イメージをさせてる彼らには、姿が

『発達障害になるしかなかった』
というイメージより


『狂いたがる脳』のアピールにしか
見えなかった。彼らからのアピールは、

『自分の負』を怖がり、弱さの誇張を
している。偽装や欺瞞や発達障害を誇示!


治療したいのに、怖がっていて治療を
受けられない姿が浮き彫りになるようだ。


『精神疾患』に対する、気恥ずかしさが
彼らにはある。『普通ではない自分』を
イメージさせ、目立ちたがっている!?


儚くも、『潰れていく自分』に躍起になり
『未来がない』ことを楽しんでるかのよう。


『惨めったらしい』素振りはなく、むしろ
『狂いたがることを楽しむ』ように見える。

育ちの悪さか、知能の低下か、家族の大罪
なのか。彼らは『自分自身のこと』は日常
見えなくしている。分からないから

『自由』らしい。気ままな幸福を誇示!


彼らは『自分を放棄』しているから、第三者に
マインドコントロールされたままに活動をし、

彼らは『居なくても困らない誰か』に繋がり、
誰にも『愛されてない日常』を、エンジョイ
しているかのようだ。が、こだわりやら
依存や、繋がることに必死さがある!?


『幸せなんか分からない』から、

『他人の不幸には参加したい』
イメージがある。彼らの日常は


『幸せに生きてないこと』にだけ繋がる
ふりがある。『幸せ』とか『優しい』
とか、『真面目』だとか善良である

成熟さに牙を向けている!


『パーソナリティ障害』たる立場は、
ある時には『他人を不幸にしてる』
英雄気取りで、ある時は


『他人の善良さへの批判家』であり、
ある時は『見境がない無分別な悪魔』の
ヒーロー気取りで、ある時は『無能』な
偽善者か、世間知らずぶりだ。身勝手な?


『学歴なんか邪魔になる悪人』なんかを
気取るようなら、『何人もいる仲間』とは、
素晴らしく愉快な人生設計に勤しむ起業家
やら、身勝手に好きなことをやる社会人顔。


知らない人には、弁護士のふりや警察の
ふりをし、親しい人には単なる顔見知り。

下手すれば、犯罪者生活を偽装するべく
商いや、アルバイトに勤しむ詐欺師の顔。



精神障害者を満喫して、狂いたがる
演技性パーソナリティ障害を誇示し

活動家のふりをし、したたかに容易く
偉そうに、発達障害者ぶり犯人になる
男や女たち。頭の汚い腐った精神性に
自ら輝きがあるふりをする顔!


そんな『サイコパス』に、繋がりたけりゃ
繋がり、繋がりたくなければ『人間性』や
『モラル』にこだわりながら、エホバや

精神障害者のアピールに、『バカげた』
ドラマだと分からせてあげるがいい!?


『バカばかり!』だと、教えてあげよう。



🖋️ 鈴木霄でした。





mixiチェック




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

専門医がやさしく語るはじめての精神医学改訂第2版 [ 渡辺雅幸 ]
価格:3132円(税込、送料無料) (2017/7/24時点)







市街地での私が体験したハラスメントや
その被害による日常とは、独身者に固執
している精神障害者によるつきまとい。

山本達彦さんによる私に対する関与や、
行政や警察を地域的に巻き込んだ日常
による。達彦さんの創価での習慣による。


「発達障害」や「解離性障害」により
狂言や、演技によりコントロールして
されている、催眠術や洗脳により生活
している人々からの弾圧や、執着だ!


山本達彦さんの日常生活における習慣に
繋がり、それを(精神疾患や発達障害で)

長年繰り返されて来た、パーソナリティ
障害を使った、エキストラ、芝居ごっこ
による地域に居着いた取り巻きによる弾圧、
嫌がらせ、過剰な干渉やハラスメントが主。


「大隈真一」という名前を言えなくしてた、
言わなくしていた、「共産党」と言えない
失語にいた、マインドコントロールされて
暮らしていた精神障害者による嘘の日常。


日常生活が、一貫性がなく共産党にいる、
共産党に繋がると「分からない」という
口癖に、日常の狂言をごまかしている顔。

「意気地無し」を、犯罪に繋げた共産党。

山本達彦さんの少年期からの日常による
習慣の疑似体験が、多摩ニュータウンの
精神障害者の暮らし。物まね詐欺の環境。


「世間知らず」を、精神障害者にさせた
エキストラぶり。演じることをアルバイト
とし、精神疾患があると配置されていた!


私の成り済ましや、私に似せたり
私の学友のふりが居る為に、私は

自身の命がある現実を生き抜かなきゃ
ならないし、記録しなくては成らない!



良心をもたない人たち (草思社文庫)
マーサ スタウト
草思社
2012-10-04



サイコパス -冷淡な脳-
ジェームズ・ブレア
星和書店
2009-07-17










これが、パーソナリティ障害だと
分からせてくれた警察のふりや、
多重人格による狂言や扮装!



我が家に押し込み強盗に来た5人組の
ひとり、オカマなショートカットは、

乳癌のふりをし、保健師に似ていた。


私が暮らしていない場所から出歩き、
我が家より数百メートル離れたバス停で
乗り降りする顔。足が長めの、角松の妹
ぶる痩せた女。私のつもりで演じて居る。


犯罪者として、角松ぶりと同じ地域の顔。
詐欺や精神障害者に繋がる犯罪グループ。


多摩ニュータウンの女装や詐欺の部落の
創価ぶりや、精神疾患がある売春婦組。


精神疾患のある多重人格だけを相手に
住み着いたみたいにし、コンビニに通う。

手足が長い色白。私に成り代わり演じ
鈴木家に成り済ましをしたがる精神障害。


共産党部落にいるアピールをする男女。
女装に繋がる精神病の宗教やエホバ組!


犯人は、イチコと言われている…。

ひょろひょろしていて痩せた肩。詐欺。
角松に似せたオカマが通っている家庭。


公団にいる顔と、創価の当たり屋といる
山本達彦さんを、YだのSAIと呼んでる。

山本達彦さんを、多重人格のヤスと呼ぶ
精神障害者は、医学者の今村の家族ぶり!


真田広之さんを、ヒロと呼んでなかった
山本達彦さんのふりは、私を名前では
呼ばない。


振り込め詐欺の被害者には、「ヒロ」と
呼んでいた、団地の精神障害者の夫婦。

「ヒロが振り込んでた」と叫んだりして
噂を流していた夫婦。ATMで会った日。
(母が銀行で宝くじを買っていたので?)


「鈴木霄ちゃん、死んじゃった~」と
息子に叫ばせていた家庭。山本達彦さん
のことを、ジージと呼んでた多摩市の家。


被害者たる私にだけ、ハラスメントする
老女とアルバイト店員と関係する男女。


我が家の近隣に居着いて、恐喝や狂言を
繰り返してきた団地の精神障害者の組織。


押し込み強盗は、貝取や愛宕暮らしの
ふりをする精神障害者。繋がらない!


虹を見ていない、空を見上げたりしない
精神障害者は、貝取に暮らすふりをする。
我が家から見えた虹に繋がらない精神病。


被害者たる私の近隣に暮らすふりをし、
当たり屋と繋がり、本物に恐喝している
男女と、アルバイトする偽の鈴木家ぶり。


私や友人に似せて出歩き、成り済ます
オカマぶり。警察のふりと繋がる犯罪者。



偽の鈴木家(キチガイによる演技の組織)。

精神疾患による多重人格や成り済ましを
犯罪だと分からない強盗犯グループ。


角松の父親が知る顔が中野警察のふり。

ピアニスト、小曽根真さんの空似が
押し込み強盗のひとり。


市街地で暮らす、ショートボブの犯人は
コンビニで働いて、エキストラぶったり
している165㎝。痩せた怒り肩の顔!


私に似せたがる強盗犯のひとりは、
私に似てない同級生の体型に似ている。


親戚のふりは、本物に対し犯罪者が自分
たちで何をしているか分からない、と
告白する始末(コンビニ店員や警察で)。


私の同級生に繋がりたがる精神病たち。


中野警察のふりは、警察手帳を持たない
顔。角松のふりが私に繋がるふり。私の
同級生に繋がりたがる。鈴木家のふり!



日野時代の同級生や、私の仕事関係者に
私の関係者ぶり繋がりたがる精神障害と、

角松ぶる多重人格の詐欺グループ。


家宅侵入し、私の左肩と左腕をベッドで
押さえつけた女装は、震えていた。が、

私から「震えているの?」と聞かれて、
角松ぶり、いきりたち「関係ない!」と

言った。乳癌の私に対し暴行を働いて、
「乳癌なんか関係ない!」と怒鳴った。


そのあとで、左手をとり私の手を裏表
裏返しながら、掌を見て撫でていた…。


変質者なのか、女装は痩せた色白だった。
黒のiPadをバスで使ったりする犯人ぶり。


私に暴行を働いていて、手を撫でた上
花粉症だと、自らマスクをしアピール
していた女装ぶりな痩せた怒り肩の女! 



中野警察のふりし、私の左手を撫でて
いた痴漢だった。東園和哉ぶりは右側に
立ち、私の体を押さえつけ腕を捻った!


女装ぶりと、東園和哉ぶりが私の体を
ベッドで押さえつけ、警察のふりをし

暴行を働き、
犯罪者として自分を誇示し帰って行った。

それから、3ヶ月半無視をしていた犯人。


5人組は、3月16日に押し込み強盗に
来てから、7月7日に携帯電話を返却に
来るまで、中野警察からは連絡は無い!



携帯電話と医療機関の診察券は盗まれた
まま。7月7日午前中、中野警察ぶり
返却に来た。他のメンバー3人は来ず。


(小曽根匠と、中原毅以外は居なかった!)
中原は、他の3人を覚えてないと語り
精神障害者ぶり、犯行を顕著にした。


犯罪に繋がると、分からないふりをし

頭が悪い、脳障害者ぶる。警察ではない、
犯罪をやる世間知らずであるアピール!


記憶をしない、嘘をつくことを精神病で
ある芝居と、発達障害者ぶる犯人組織に
いるアピールに、とんちんかんぶる。


マインドコントロールされて犯罪をやる
演技パーソナリティ障害者ぶる宗教?




これらの偽の事件に繋がる精神障害者
による、中野警察のふりが書いた文書。



image


強盗犯が警察のふりをし、残した目録。



スマホと医療機関の診察券は、7月7日
返却された。が、中野警察は私に携帯の
違約金を支払わせ、6月に解約させて…


盗んだ携帯電話を7月になり返却に来た。
謝罪をしない、犯人が警察に居たの? 


警察なら盗んだ理由とか、何ヶ月も
放置して知らん顔して、返しに来た!


精神疾患がある犯人ぶりは行政ぶり。

犯人をやりながら、多摩市役所職員で
ターゲットを監視する、押し込み強盗。


演技パーソナリティ職員は、犯罪好き?
頭が狂う警察のふりは、多摩市役所に
隠れて働くふりする在日外国人ぶり!



被疑者扱いした偽の事件に対する謝罪や
携帯電話を私から奪った上に、私が使用
出来なかった期間の電話料金や違約金を
警察として、ほんとなら返すはずだよね。


犯人でなきゃ、天下の、日本の警察が
支払わせて頂きます、と言うのが私に
暴行を働き強奪した顔が、事件隠蔽に
謝罪し、責任とるのが本当なんだよね。

歌舞伎町にあった、石川治療院の
関係者ぶりに、犯人関係者が居た!


石川家が地味関係者だったのに、
治療院に繋がるふりが共産党やエホバ。
その仲間ぶりが、詐欺や多重人格の人。

新宿の歌舞伎町を知らない、新宿区の
商工会を知らない多摩市の詐欺師による
成り済ましや、関係者ぶりによる犯罪や
身元の成り済まし。精神障害による詐欺。


石川家に繋がるふりや、石川武二乃の血に
成り済ました犯人が、多摩市でエキストラ
ぶり、演技パーソナリティ障害で私に弾圧、
ハラスメントをし偽物組織で私に嫌がらせ。


犯罪者や、精神疾患がある人間や宗教、
演技パーソナリティ障害を雇用したら


詐欺をやる仕組みなんか、市役所だの
日本国家では、異常な世界観だもん!


私は、被害者であるし私は暴行を受けて
痴漢のような多重人格の女装に拘束され

ベッドで3人に軟禁されてたし、左手を
犯人に撫でられた。卑猥だよね!


サドマツさんという黒のカチューシャを
着けてる、押し込み強盗犯のお母さん役。
被害者に会いたがっていたらしい。


会わされたじゃない? 角松ぶる銀縁
メガネかけてる成り済まし犯人の母親。



中原毅の母親のふりと、小曽根匠の母親
ぶりが、わざわざ被害者に会わされてる。


黒のカチューシャ、角松ぶり銀縁メガネ
かけてる70代のロン毛、犯人の家族って?
アピールしすぎるよね。創価の精神病の人。


イチコの母親に繋がる? 犯人がイチコ?


精神障害者は、1号室に暮らすとイチコ
なんだそうだ。犯人のふりは角松ぶり
オカッパの女装。パーソナリティ障害。


私が誰かは、私の育った新宿に答えあり。


豊太郎は幼なじみ。新宿歌舞伎町の
スポーツ用品店の息子が、新宿西教会
西大久保幼稚園の同級生で、豊太郎!



豊太郎の同級生の、角松が鈴木宏枝の
幼なじみ。豊太郎が日大鶴ヶ丘に通学
していたのが事実なら、成り済ましは
豊太郎を分からない。


豊太郎の叔父の奥さんが、母の
元同僚だから、豊太郎の偽物なら犯人。


母の同僚の家族が、渥美くん。それを
多摩市の精神障害者は知らない。また
角松のふりは、渥美くんを知らない。

犯人は、端山央理医師に成り済ます顔。
多重人格がある精神障害者が、精神科医
端山央理さんに成り済まし暴行を働く!


家宅侵入し、女装ぶり痩せた多重人格の
細い目の、身長165㎝のショートボブの
精神異常者の顔は、精神疾患があるふり。

我が家に居る間、目付きがコロコロ変化し
乖離した精神障害者ぶり。花粉症を誇示し
マスクをした太い毛のショートボブ。


国立国際医療センターに勤務をしていた
ことがある、端山央理さん似の40代!


乳癌患者である、左乳房がない私の体を
見て、震えた精神障害者。刑事のふりは
私の同級生に似せたり、端山さん似の女
顔だった。痩せた指で私の肩や手を触った。

私の幼稚園時代の幼なじみの、今村さんに
似せたり、太田医師に似せて詐欺をやる顔。


銀縁メガネ、精神障害がある医師に似せて
演技をやる痩せぎすなスレンダーな犯人。
医師や看護師に似たがるショートボブ!


タブレットを使いこなすふり。音楽を
バスやカフェで聞いて、精神疾患がある
ふりをする40代。タブレットの所有者!


デスクトップやインターネット環境を
知らない。タブレットをPCである、
と誇示する成り済まし。詐欺の組織。

石川武二男の雰囲気が、私に投影された
時には、石川武二男ではないようだ!


多摩市に居る団地の精神異常者の日常は、
口寄せをやる演技をやるが、キチガイな
精神障害者が芝居をやるだけ。

彼女は、我が家に自分の妄想や狂言が
聞こえるように、意味不明な内容だけを
朝から晩まで話し、自分のいる部屋では
「山本達彦」をYといい、Yに繋がる顔。


いくつかの部屋を利用し、入れ替わり
立ち替わり出入りをして、精神障害を
誇示してる山本の子供ぶり!


「山本達彦」という名前だけ言わなくする
失語に精神分裂と、詐欺をやる発達障害が
いる。日常の狂言や犯罪生活を山本達彦の
話し方を真似して誇示している。


4に居ると、精神疾患が悪化する芝居に
勤しむテロリストぶる犯人の家庭ぶり。
口寄せをやり、狂わされたMの日常?

Mが、狂いたがる病を4だとアピール
しているが。多摩市では大隈真一さんに
繋がりが無くなる精神障害者が武二男似。


7月10日生まれを、天降りだとアピール
する琴葉のふりは、狂わされた暮らしを
多摩市でしている。麻薬中毒の精神病!


石川武二男に似たがる、東園和哉ぶり。
犯罪をしているアピールがある。

角松敏生ぶりと繋がる精神障害者は、
離人化や、乖離する習慣から真夜中に
寝ないで話し続けては精神疾患が露見。

真夜中から意味不明を話している男女は、
妄想と精神分裂を誇示して暮らしている。

話し声を録音したテープを聴いたり流し、
狂わされた男が、車の中やバスや部屋で
聞いている暮らしがある、と判明!


意味不明な、精神障害者ぶりが録音した
話し声のテープは、精神疾患が悪化した
グループによる録音で、それを助手席で
流しながら車を走らせたり、

部屋で聞く精神分裂の男女は、山本達彦
さんの身元には繋がる生活ぶり。私が夜
寝ている間も、真夜中に何かをしている
キチガイの部屋からは

不気味な話し声は、日常的に聞こえて
来るが。あちこちの鍵を団地じゅうで
使い回しをし、2や5に居るという。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


mixiチェック

↑このページのトップヘ