孝太郎さん、







クールダウン
と言えば

渋谷の南平台時代、
百貨店勤務にあちこちを歩き

仕事帰りに、疲れた身体の
リフレッシュを考えてみると、


渋谷駅に降り立ち、ちょいと
お茶、と考えても混んでる‥‥が。


玉川通りを歩き自宅に向かう。


クールダウンは、セルリアンタワーを
越えて、ベローチェへと向かいます!

マンションまでの道すがら、まだ
生前中の大叔母に電話をし、お茶‥‥。


疲れたから、お茶をしてから帰るよ
と電話。30分で帰りますって。


喫煙者がいて、においが
悲しく苦しい、が。コーヒー
飲みたいから、立ち寄ります。


クールダウン。
玉川通りの「歩くと疲れる道」、

ベローチェに救われて帰り道。
渋谷の暮らしのエトセトラ。




☕杼絽